トップ > 女性の健康管理 > 多い低血圧の人

多い低血圧の人

低血圧の人は以外に多いのです。

低血圧とは、その名の通り血圧が低いことです。

一般的に、最大血圧が100mmHg以下、最小血圧が60oHg以下の場合は低血圧とみなされます。

血圧は、心臓から全身への血液拍出量と、末梢血管の抵抗で決まります。
このどちらかに不調があると、血圧が低くなります。

血圧が低いと、血液は、全身にうまく循環しなくなります。
そのため、細胞に十分な酸素と栄養が供給されずに、からだのエネルギー交換が円滑にできなくなります。

その結果「疲れやすい」「朝なかなか起きられない」「特に午前中は気分がすぐれない」などということが多いようです。

・血圧が低くなくても起こる「起立性低血圧」

横になった状態から急に立ち上がったり、長時間立ち続けているときに血圧が下がって立ちくらみやめまいなどを起こすもの。

体位性低血圧とも言いいます。普段、血圧が低くない場合でも、起き上がったときに、最大血圧が20 mmHg以上下がるのが起立性低血圧の特徴です。

低血圧が起こる原因となる病気がない場合を本態性起立性低血圧、
原因となる病気がある場合を症候性(二次性)起立性低血圧といいます。
自律神経の交感神経に異常があると、起立性低血圧を起こしやすくなります。


低血圧と貧血は違います

低血圧と貧血は、立ちくらみやめまいなどの症状が似ているので混同されがちだが、実は別のものです。

低血圧とは、血液循環が円滑に行われず、脳や体の末端への血流が悪くなった結果、めまいや立ちくらみを起こすものです。

一方、貧血とは、ある一定量の血液中に含まれる赤血球、またはヘモグロビンが正常値以下に減少した状態のこと。

その原因は主に、鉄分が不足により、ヘモグロビンができず、赤血球が赤血球としての役割を果たせなくなった結果、めまいや立ちくらみを起こすものです。

この記事のカテゴリーは「女性の健康管理」です。
女性特有の健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

低血圧の人が日常生活で気をつけることは?

低血圧の人の日常生活で気をつけるポイントをまとめてみました。 女性には低血圧、貧血気味の方が多いですね。 朝が辛いでしょうが、そういう低血圧傾向の人が気をつけるべきポイントを上げてみました。 1.規則...

女性が長生きなのは?

女性が長生きと活性酸素について 女性の平均寿命が延びたということで喜ばしい限りです。 人が老いる原因はさまざまな学説があって、まだほんとうのことはよくわかっていません。 老化には、酸化(サビ)が深く関...

女性ホルモンの基礎知識について

女性.ホルモン.更年期障害.バランス

ビタミンEで冷え性の予防

ビタミンE,冷え性,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索