トップ > 女性の健康管理 > 骨盤のゆがみが病気の原因?

骨盤のゆがみが病気の原因?

骨盤のゆがみが病気の原因になりうること

骨盤は、骨格の土台であり上半身を支えて、大切な内臓を守っている骨で、
仙骨と寛骨(腸骨・恥骨・尾骨)から出来ています。

そして骨盤は周りの筋肉によって支えられています。

骨盤がゆがむ原因としては、下記のようなことが考えられます。

1.日常生活で左右のバランスが悪い
  ・荷物を持つ手がいつも同じ
  ・いつも同じほうの歯で噛む
  ・いつも同じ足を組む等

2.筋肉の衰え
  ・日常の運動不足
  ・加齢による

どうやら私たち自分では気が付かなくても、かなりの体のゆがみがあるようですね。
特に骨盤のゆがみは体に多くの変調をもたらしているようです。

なんだか腰周りが重い、すっきりしない気がする・・そういう際は、骨盤がゆがんでいる
のかもしれません。

ゆがみによる変調として、下記のような症状がみられます。

・肩こりや頭痛
・腰痛
・下半身太りや肥満
・むくみや冷え性
・O脚やX脚
・猫背

骨盤のゆがみのチエックはこうして行いましょう。

1・靴底が左右の減り方に差がないか?
2.うつぶせに寝て左右の肩甲骨の高さが同一か?

骨盤のゆがみを治す簡単体操をご紹介します。
  
1.仰向けに寝て両膝を曲げる
  両手は横に伸ばしても体に沿わせてでもよい

2.両足を垂直になるように上げてそのまま前後左右にブラブラさせる。
  腰と背中は床から離さないで約1〜2分行う

3.金魚運動
  仰向けに寝て、足先を揃えて出来るだけ膝を真っ直ぐ伸ばす
  両手を首の後ろで組み、金魚が泳ぐような格好で胸からしたを左右水平に細かく振るわせる
  これを約1分間行う。

4.椅子で上体ひねり
  背筋を伸ばして、椅子に浅く掛けて、息を吐きながら右にゆっくりとひねる
  同じように左も行う
  両手はおへその辺りにおいて、左右20秒ぐらい静止する


自己診断や簡単な体操をご紹介しましたが、やはり体の重要な部分です。
自己勝手にはじめておかしなことになったら大変です。

骨盤の歪みを治して体をすっきり正常に戻したいものです。
なおこうした歪みは、整骨院やカイロプラクティックなど専門家に頼むのが無難でしょうね。

余談ですが、整骨院とカイロプラクティックでは、施療が当然異なります。
ご自身の症状やそれまでの通院経験から、こうした専門家に診てもらうようにいたしましょう。

内容によって健康保険が適用されますので、そうしたポイントもしっかり調べるなり、
事前に問い合わせるなりしておきたいですね。

この記事のカテゴリーは「女性の健康管理」です。
女性特有の健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

低血圧の人が日常生活で気をつけることは?

低血圧の人の日常生活で気をつけるポイントをまとめてみました。 女性には低血圧、貧血気味の方が多いですね。 朝が辛いでしょうが、そういう低血圧傾向の人が気をつけるべきポイントを上げてみました。 1.規則...

女性が長生きなのは?

女性が長生きと活性酸素について 女性の平均寿命が延びたということで喜ばしい限りです。 人が老いる原因はさまざまな学説があって、まだほんとうのことはよくわかっていません。 老化には、酸化(サビ)が深く関...

女性ホルモンの基礎知識について

女性.ホルモン.更年期障害.バランス

ビタミンEで冷え性の予防

ビタミンE,冷え性,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索