トップ > 女性の健康管理 > 貧血を予防するには?

貧血を予防するには?

女性に多い貧血を予防するためには?

貧血は、特に女性に多い病気です。

女性の5人に1人が潜在的に鉄が不足している貧血予備軍といわれているほどです。

貧血になると皮膚や爪などに赤みが少なくなり、顔色が悪くなります。
また、からだ全体に十分に酸素を運べなくなるため、様々な障害が起こってきます。

症状としては、疲れやすさ・めまい・息切れ・頭痛・思考能力減退・どうきなどがみられます。
さらに、放っておくとからだの活力が低下し、抵抗力が弱まってきたりもします。

貧血を予防するには、何と言っても毎日の食事をバランスよくとることが大切になります。
また、鉄製の調理器具を使うのも効果的ですよ。

●貧血を予防する栄養

・鉄:鉄は赤血球の血色素であるヘモグロビンをつくる成分として、かかすことはできません。
 ヘモグロビンには、からだの各組織へ酸素を運ぶ働きがあり、不足すると酸欠状態になります。

鉄を多く含む食品としては、レバー、しじみ、干しひじき、赤身の肉や魚貝類などがあげられます。

葉酸:葉酸は細胞をつくるのに欠かせません。
   ビタミンB12と協力してヘモグロビンをつくりだし、たんぱく質の合成にも必要な栄養でもあります。

葉酸を多く含む食品としては、レバー、ほうれんそう、アスパラガス、ナッツ類があります。

・ビタミンB12:ビタミンB12は、赤血球をつくるために必要なビタミンで、葉酸と協力して赤血球をつくります。

ビタミンB12を多く含む食品としては、レバー、にしん、いわし、あさりなどがあげられます。

・ビタミンB6:ビタミンB6は、たんぱく質の代謝にとても重要で、たんぱく質の合成や細胞分裂に関わるビタミンです。 

ビタミンB6を多く含む食品としては、レバー、まぐろ、さんま、バナナなどがあります。

・ビタミンC:ビタミンCは鉄の吸収をよくし、ヘモグロビンが作られるのを助ける作用をします。

ビタミンCを多く含む食品としては、みかん、いちご、ブロッコリーなどがあげられます。

・ビタミンE:ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素の害から細胞を守る働きをします。
      
  ビタミンEを多く含む食品としては、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、ナッツ類などがあげられます。

・マグネシウム:マグネシウムは血液細胞の生まれ変わりを助ける役割をし、体内で働く酵素を活性化させます。

マグネシウムを多く含む食品には、ごま、海草類などがあります。

・エリスロポエチン:牛乳などのほ乳類の乳に含まれる成分で、赤血球を増やすホルモンです。

貧血予防、貧血解消に鉄分なのどのサプリメントもありますが、できる限り、いろいろな食品から摂取する方が望ましいと思います。

この記事のカテゴリーは「女性の健康管理」です。
女性特有の健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

低血圧の人が日常生活で気をつけることは?

低血圧の人の日常生活で気をつけるポイントをまとめてみました。 女性には低血圧、貧血気味の方が多いですね。 朝が辛いでしょうが、そういう低血圧傾向の人が気をつけるべきポイントを上げてみました。 1.規則...

女性が長生きなのは?

女性が長生きと活性酸素について 女性の平均寿命が延びたということで喜ばしい限りです。 人が老いる原因はさまざまな学説があって、まだほんとうのことはよくわかっていません。 老化には、酸化(サビ)が深く関...

女性ホルモンの基礎知識について

女性.ホルモン.更年期障害.バランス

ビタミンEで冷え性の予防

ビタミンE,冷え性,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索