トップ > 女性の健康管理 > 女性の更年期障害について

女性の更年期障害について

女性の更年期障害について

女性の更年期とは、卵巣機能が低下しはじめて完全にその機能がなくなるまでの閉経前後の約10年間をいいます。

卵巣機能の低下は、早い人で37〜38歳、遅い人でも42〜43歳で始まるといわれていますが、最近では食生活が豊かになったため、閉経を迎える年齢が遅くなる傾向があり、50〜52歳ぐらいが閉経期になっています。

女性は、閉経期を迎えると数年後に卵巣機能が停止し、卵巣から女性ホルモンがまったく分泌されなくなります。こうして更年期を経て老年期に入っていくのです。

更年期の卵巣機能低下によって、女性ホルモンの分泌が急減することでさまざまな症状が現れますが、これが「更年期障害」です。

更年期障害の症状としては、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてり、暑くもないのに汗がでる、寝汗をかいたりする、動悸やめまいなどの自律神経失調が起こる、不眠症や不安、憂うつ、孤独感、集中力の低下やいらいらなど精神・神経症などの症状、肩こり、腰痛、冷え、頭痛などさまざまです。

症状の現れ方には個人差があり、ほとんど自覚症状がないという人もいれば、外出するのもつらいというような重い症状に苦しむ人もいます。

更年期障害が強く現れる女性の食生活には、偏食、過食、欠食が多く、逆にバランスのよい食生活を送っている女性は症状も軽いという調査結果があります。

更年期障害が起こるのは、女性ホルモンの分泌が減少しホルモンバランスが崩れることによって、自律神経の中枢機能が乱れることが最大の原因です。

このホルモンバランスの崩れには、ビタミンBが有効です。

また、女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、このうち、卵胞ホルモンと類似の作用があるのが、大豆などに含まれるイソフラボンです。

イソフラボンは、かんたんに体内に吸収することが可能であるため、更年期障害の自律神経失調症にはとても効果があるといわれています。

このイソフラボンは、閉経期の自律神経失調症の症状を軽減するほか、乳がんのリスクを減らす働きもあるので、更年期を迎えた女性は、大豆製品を多くとるようにするとよいでしょう。

この記事のカテゴリーは「女性の健康管理」です。
女性特有の健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

低血圧の人が日常生活で気をつけることは?

低血圧の人の日常生活で気をつけるポイントをまとめてみました。 女性には低血圧、貧血気味の方が多いですね。 朝が辛いでしょうが、そういう低血圧傾向の人が気をつけるべきポイントを上げてみました。 1.規則...

女性が長生きなのは?

女性が長生きと活性酸素について 女性の平均寿命が延びたということで喜ばしい限りです。 人が老いる原因はさまざまな学説があって、まだほんとうのことはよくわかっていません。 老化には、酸化(サビ)が深く関...

女性ホルモンの基礎知識について

女性.ホルモン.更年期障害.バランス

ビタミンEで冷え性の予防

ビタミンE,冷え性,予防

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索