トップ > 男女共通の問題 > 花粉症対策をそろそろ

花粉症対策をそろそろ

花粉症対策をそろそろ考える時期になりました。
すっかり、国民病のようにになった花粉症ですが、しっかりと正しいご自身にふさわしい対策を講じて、不快な思いを少しでも軽減いたしましょう。

花粉症は、2月〜3月からやって来ます。早期発見、早期治療に心掛ける事が、重用不可欠です。
花粉の散る時期から2週間前程度から、早目の処置を取る事が、大事な事で、特に良く使われる民間療法は、ペパーミントでしょう。

其の他のエッセンシャルオイルには、ユーカリやサイプレスなどがあります。やはり早期治療が重用不可欠でしょう。

何を言おうと、やはり一番良い花粉症対策の方法は、医者に診てもらう事ですよね。
アレルゲンと言う花粉の菌細胞が、体に侵入する事が原因ですが、この原因としては花粉ですが、その代表がスギです。

其の他にも、約50種類程の花粉症があり、ヨモギ、ブタクサ、ヒノキ、カモガヤなど原因です。
花粉症の症状は、鼻水や目に来る事は、良く知られている事ですね。

くしゃみが出たり、充血、涙が出たりします。
最高気温15℃以上、湿度60%以上が花粉症の多く出る環境だそうです。

花粉症への対応策として、食生活を改善とか運動療法とか体質改善でしょう。

食生活改善は、春夏には涼風的な、秋冬には温風的な食べ物に心掛ける事は言うまでもない事ですね。
運動療法には、やはり花粉症に成り易い人は、運動不足が多いにあると判断される為、運動をする様に心掛ける事が大事です。
体質改善は、自然治癒力を利用したツボを刺激する事です。

花粉症と風邪と見分けが付き難いですが、熱も悪寒もなく2週間以上続けば、それは花粉症でしょう。

花粉症は、東日本では3月頃、西日本では2月頃に、成り易いです。早期発見し、早期治療が、最も良い治療方法ですので、

花粉情報を聞いて、2週間以上前から、処置を取って置く事が、重用不可欠でしょう。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索