トップ > 男女共通の問題 > 熱中症と日射病について

熱中症と日射病について

熱中症と日射病について

甲子園の熱闘が記念に残る今年でした。

夏になると決まって、熱中症と日射病の話題が取り上げられます。
この熱中症と日射病についてまとめてみました。

熱中症とは、体の中と外の"あつさ"によって引き起こされる、様々な体の不調であり、
専門的には、「暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって体の中でたくさんの
熱を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的な反応より生じた
失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態」されています。

熱中症は、熱波により主に高齢者に起こるもの、幼児が高温環境で起こるもの、
暑熱環境での労働で起こるもの、スポーツ活動中に起こるものなどがあります。 

熱中症というと、暑い環境で起こるもの、という概念があるかと思われますが、
スポーツや活動中においては、体内の筋肉から大量の熱を発生することや、
脱水などの影響により、寒いとされる環境でも発生しうるものです。

実際、11月などの冬季でも死亡事故が起きています。また、運動開始から
比較的短時間(30分程度から)でも発症する例もみられます。

熱中症は、いくつかの症状が重なり合い、互いに関連しあって起こります。

また、軽い症状から重い症状へと症状が進行することもあるが、きわめて短時間で急速に
重症となることもあります。

熱中症は、大変に身近なところでおきていいます。そのため、十分にその危険性を
認識しておくことが必要です。


また夏に起こるものに日射病があります。
日射病にかかると、頭痛・発熱・顔面蒼白・めまい等の症状がでます。

対策としては

1.気温が30℃程度でも、湿度が80%以上の時は、長時間の屋外作業は避ける。
2.屋外での作業には、風通しをよくし、直射日光を避ける工夫をする。
3.水分・塩分を十分補給する。(スポーツドリンク◯、冷えすぎは×)
4.服装は、肌の露出を少なくして、かつ風通しのよい状態にしておく。
5.休憩を適当にとる。
6.疲労回復のため、タンパク質・ミネラル・ビタミン類を意識して十分に補給する。

などです。


まだまだ残暑が厳しい季節です。
油断することなく、体調管理、水分補給をするように心がけましょう。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索