トップ > 男女共通の問題 > 生活習慣病〜高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)とは?

生活習慣病〜高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)とは?

生活習慣病〜高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)とはなんでしょう。

健康診断でよく「高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)」と判断されて気になった方は多いのではないでしょうか。

高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)・高脂血病というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が、
多過ぎる病気のことです。

脂質成分は水に溶けないでたんぱく質に包まれて(リポたんぱく)、血液中にはコレステロール、
中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質がとけこんでいるんです。

高脂血病として特に問題なのは、多過ぎると問題なのは、コレステロールと中性脂肪です。

血液中の総コレステロール、とくにLDL(悪玉)コレステロールが多過ぎると、
動脈の壁にくっついて動脈が厚く硬くなります。だから、高コレステロールが
動脈硬化にとって大問題なことは明らかですね。

中性脂肪は、エネルギーの元となりますがあまった分が皮下脂肪として蓄えられます。
中性脂肪が多いと、HDL(善玉)コレステロールが減りLDLコレステロール(悪玉)が
増えやすくなるんです。
 
高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)の予防と改善

特に食生活と運動が重要です。

食生活は動物性脂肪の摂り過ぎが血液中の総コレストロール値を上げています。
砂糖や果物などの糖質の摂り過ぎやカロリー過多による中性脂肪に注意しましょう。

運動は余分なエレルギーを燃焼させ、脂肪分が皮下や内臓に蓄積されるのを防ぎ、
血流を良くして血管の弾力を高めるために適度な有酸素運動を継続して行うことです。

高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)は自覚症状がないため放置しておくと動脈硬化になってしまいます。
しかも動脈硬化も自覚症状がなくそのまま放置して、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、
やっと高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)の重大さに気づくというわけですね。

1年に1回はかならず健康診断を受ける習慣をつけて早期発見、早期治療が一番です。
自分の健康は自分で守るしかありませんから。

いかがでしょうか?

生活習慣病と高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)とのつながり、高脂血病のこわさがご理解いただけたと思います。
今後も、生活習慣病と高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)とは縁のない健康的な食生活を守りましょう。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索