トップ > 男女共通の問題 > 快適な睡眠を取るためには?

快適な睡眠を取るためには?

快適な睡眠を取るために、3つのポイントについて考えてみましょう。

健康管理、健康維持、健康増進のためには、快眠、快食、快便と良い生活リズムが
ポイントですね。

その中でも、睡眠に関してはいろいろ障害があって、阻害されているのではないでしょうか?

そこで、今回は快適な睡眠を取るための3つのポイントとして、考えてみました。

1.筋肉をよく使うようにしましょう

一日ほどよく疲れる程度の量の運動をしましょう。
なかでも足と背中の筋肉を鍛えるとよく眠れます。

特に低血圧の人は夕方になると血圧が下がり、寝つきが悪くなるので日常生活のなかに
ストレッチや適度な運動を取り入れて血圧を保ちましょう。

2.寝る直前にお酒を飲まないこと。

睡眠前の飲酒の習慣があるとしたら、それをやめましょう。

脳がかえって興奮状態に陥るだけでなく、肝臓などがアルコールの分解作業に忙しくなり、
形式的には眠っていても、全身状態は忙しく働いてしまうため、身体が休まりません。

お酒は百薬の長ではありますが、その量とタイミングによってはマイナスになることもあります。

3.「早寝早起き」

われてみれば当たり前の朝早く起きて夜は早めに寝るというリズムを確立することです。

宵っ張りの朝寝坊はいけません。

1日のリズムを整えると、毎日同じ時刻にお腹がすき、同じ時刻に仕事のペースが上がり、
同じ時刻に眠くなるという、「時間の経過に伴う条件反射」が形成されていきます。

このバランスの取れた生活習慣が、健康的な眠りにつながるのです。

健康管理にいたずらに神経質になることはありません。
あたりまえの食事、ごく不通の適度な運動、悪い生活習慣の改善、これだけでも
現代生活の汚染からは健康を守れるのです。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索