トップ > 男女共通の問題 > 健康診断でガン早期発見など自らを守ろう!

健康診断でガン早期発見など自らを守ろう!

健康診断とガン検診について

あなたは定期的に健康診断を受けていますか?

会社努めの方ですと、集団検診制度などがありますので、ほぼ定期的な健康診断を
受けていると思います。

自営業やフリーランスの場合は、健康診断はどうしても自己管理で行う必要があります。

それで、ついつい、定期的な健康診断を逃して、思わぬ結果に驚くといったことも少ない
ケースではないでしょう。

健康診断とは、病の早期発見を目的として行なわれる総合的な検査のことで、多くの場合、
学校、事業所、地域など、一定の集団を対象として実施されます。

健康診断における検査内容には、問診、血圧測定、検尿、血液検査、レントゲン撮影などがあります。

このような総合的な健康診断以外に、胃ガン、肺ガン、子宮ガン、乳ガンなどについては、
市町村と保健所によってガン検診が行なわれており、それぞれに応じた検査が行われます。

たとえば、胃ガン検診においては胃部レントゲン撮影、乳ガン検診では、胸部の視触診や
マンモグラフィ撮影、子宮ガン検診では子宮頚部細胞診などが行われており、異常が
発見された場合は、さらに精密検査が必要になります。


日本におけるガンでの死亡率の低下は、健康診断やガン検診の普及によるものが大きいと
いわれています。


健康診断に関する法規について

健康診断は国民の健康維持のために大きく貢献している制度であり、その実施に関しては、
各種法規によって義務づけられています。

雇用者のいる事業所では,労働安全衛生法により、従業員の定期的な健康診断が
義務づけられています。

なお、事業所における健康診断では、一般健康診断の他に、労働者が特定の有害業務に
従事している場合、特殊健康診断も義務づけられます。

特定の有害業務とは、粉じん作業や、鉛等を取り扱う業務、有機溶剤を取り扱う業務、
石綿を取り扱う業務などのことで、内容については法令・通達によって細かく示されています。

同様に、公務員に対しては人事院規則により、学校の教職員や生徒に対しては学校保健法により、
健康診断が義務づけられています。

初めに書きましたように、定期的に健康診断が受けられる会社員や公務員の方の場合は問題が
少ないでしょう。

自営業、不定期な仕事、フリーランスな立場の方の場合こそ、意識的に健康管理上、健康診断を
定期的に受けることを怠らないようにいたしましょう。

自らの健康を守るのは、自らの意思と日頃の習慣、取り組みですからね。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索