トップ > 男女共通の問題 > 胃腸の病気とストレスを考える

胃腸の病気とストレスを考える

胃腸の病気とストレスの関係などを考えてみます。

日本人の死因の第一位はガンですが、日本人に最も多く見られるガンは、「胃ガン」です。

病気の中でも、胃腸の病気は、日本人が最もかかりやすい病気といえるかもしれません。

また近年、大腸ガンも増加傾向にあるといいますが、これはお肉やバターなど高蛋白、
高資質な西欧化の食事に伴い、食事から摂取する食物繊維が少なくなったことが、
原因の一つではないかと考えられています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍といった病気も、現代の日本人にとって最もポピュラーな病気の一つです。

これらの病気は、ストレスや飲酒、喫煙などが原因であるといわれてきましたが、近年、
「ヘリコバクター・ピロリ菌」という特殊な細菌も、これらの胃腸病の有力な原因 の一つであることが
明らかになりました。

ピロリ菌は胃の幽門部(胃の末端で十二指腸につながる部分)付近に生息している細菌で、
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の他、胃ガンや胃炎といった病気にも関係していると考えられています。


胃腸の病気とストレスの関係は?

病気を引き起こす大きな原因の一つに、ストレスがあります。

よく「胃は心の鏡」「胃腸は心の鏡」などと言われますが、胃腸は精神的なストレスに非常に
影響を受けやすい臓器です。

胃炎などの病気はストレスによって引き起こされる場合もあることが知られていますし、
最近では、過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)という、ストレスによって下痢や便秘をする病気も
マスコミなどでしばしば取り上げられています。

動物実験でも、サルに強いストレスを与えたところ、わずか1、2時間ほどで胃潰瘍になってしまった
という実験データもあるといいます。

また、胃腸の病気の原因の一つに、“暴飲暴食”がありますが、これももとをただせばストレスが
原因だったりするわけです。

ですから、普段からの食生活に気をつけるだけでなく、しっかりと休養をとったり、スポーツに興じたり、没頭できる趣味を持つなど、ストレス解消の方法を考え直してみることも胃腸の病気の予防となります。

健康管理、健康維持というとすぐに薬や病院に世話になると思いがちですが、
「病は気から」のことわざ通り、メンタル・精神面、心もちも絡んできます。

年々、競争社会、格差社会の影響でストレスは募りやすくなりがちですが、であるからこそ、
ひごろから、そういう危険に陥らないよう気をつけましょう。

仕事を終えたら、スパッと気持ちを切り替えて、趣味に打ち込むなどもいいのではないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索