トップ > 男女共通の問題 > 慢性便秘の解消法とは?

慢性便秘の解消法とは?

慢性便秘の解消法について

便秘解消に腸洗浄の効果は?

便秘の治療として腸洗浄を習慣的に行うことは大腸本来の排便機能を損ない、かえって腸洗浄に依存的になるので好ましくありません。

便秘は、まずその原因を知ることが第一です。

原因は大きく分けて、

(1)機能的便秘(腸のはたらきの異常)
(2)器質的便秘(腸や他臓器の病変による異常)
(3)薬物性便秘

の3つが考えられています。

(1)は生活習慣(睡眠時間、運動量、ストレスの程度など)や、食事に関する要因(時間、量、繊維性食物、水分など)

(2)は大腸・肛門疾患(がん、潰瘍、炎症、痔など)、婦人科疾患あるいは、パーキンソン病や糖尿病、甲状腺機能低下症といった全身性疾患にともなうもの

(3)は鎮痛薬、麻薬、抗うつ薬などの服用によっておこるものです。


原因が(1)の慢性機能性便秘と判明した場合は、安易に下剤(腸洗浄は論外)に頼らず、自分の努力で便秘を治すことが大切です。

第一は朝食後の規則的排便訓練です。朝は排便リズムを得るために10分間(それ以上は不必要)はトイレに座っていることが大切です。

第二は一定量の朝食を必ずとることです。胃の充満によって腸の運動を司る副交感神経が活性化し、腸の蠕動運動が誘発され便意がおこるので、これは重要なことです。食物繊維をとることも必要ですが、とりすぎも便秘の原因になります。

第三は1日のなかでの適度な運動(早朝の軽い運動を推奨)と腹式呼吸を身につけることです。

また、睡眠時間を十分にとることによって腸の運動が円滑になります。

以上のことに注意し、必要であれば習慣性が少なく長期使用の可能な緩下剤を使用してみます。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索