トップ > 男女共通の問題 > 薬の飲み方とは?

薬の飲み方とは?

薬の飲み方とは?

薬の飲み方にもいろいろありまして、気をつけたいものです。

薬を飲むときは、何で飲みますか?

水、お茶、コーヒー、ジュース、お酒などで飲む、また、そのまま
飲むなど、人によっていろんな飲み方があります。

病院や薬局では、「水やぬるめの白湯で飲んでくさい。」と、よく
言われます。

これが、正しい薬の飲み方です。

薬は、水に溶けることにより、よく吸収され、薬の効能を発揮しま
す。

水は、コップ1杯くらいで、よく胃まで流し込むようにします。

少ない水で、食道などに残ったりすると、薬によっては、炎症を起
こすこともあります。

お茶で薬を飲んではいけない、といわれますが、お茶の成分のタン
ニンが、薬と反応して、薬の働きを妨げることがあるからなのです。

同じように、炭酸飲料で薬を飲む場合、薬の吸収が悪くなり、効力
が弱くなります。

また、お酒で薬を飲むと、肝臓での分解が遅くなり、普通よりも濃
い濃度の薬が、血液中に入ります。まあ、常識で考えても、お酒で薬とは・・

ただ、宴会シーズン、忘年会・新年会・歓送迎会などの席では、胃薬をビールなどで読み込んでいる人もいますがね。

このため、薬の効果が強くなり過ぎることがあります。

薬は、コップ1枚くらいの水、またはぬるま湯で、よく胃まで流し
込みましょう。


薬の飲み方、飲む時間とは?

病院や薬局で薬を処方されると、必ず薬を飲む時間と回数が指示さ
れています。

殆どの場合、食前、食後、食間ですが、薬を飲む時間は、おおよそ
どの位でしょうか。

薬を飲む時間の目安は、

・食前 食事の前30分
・食後 食事の後30分
・食間 食事の後2、3時間

と考えればよろしいかと思います。

食欲を増進する薬は、食事の前に飲みます。

薬によって胃を荒らしやすいものは、食事によって胃の粘膜を守り
ますので、食後に服用します。

また、食事によって薬の吸収が悪くなるものは、食間に飲みます。

食間の場合でも、寝るときは、30分から1時間前には、薬を飲む
ようにします。

薬の作用によって、飲む時間や回数が指示されていますので、説明
をよく読み、正しく服用することが大切です。

そして、薬を飲み忘れたとき、次の時間で2回分をまとめて飲むの
は、止めます。

薬は、決められた時間に、決められた分量を飲みましょう。

たくさんの種類が出された場合は、紛らわいいので、できれば、はじめのうちにお薬ごとに朝・昼・夕・夜間と時間ごと、回数ごとに分けて、まとめてしまっておけば、飲み忘れや、間違いなどが防げますね。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索