トップ > 男女共通の問題 > 風邪の予防には?

風邪の予防には?

風邪の予防には?

季節の変わり目、とくに秋から冬に入っていく頃など、かぜを引きやすくなりますので、注意したいものです。

風邪の予防には、どんなことに気をつけたらいいのか、まとめてみました。

「風邪は万病のもと」といわれるように、たかが風邪といって油断をしていると肺炎を併発するなど、けっして侮れない病気です。

風邪を引きやすい人とめったに風邪をひかない人の差はどこにあるかというと、抵抗力や免疫力の差であるといえます。

人間のからだには、ウイルスや細菌などの外敵の侵入に対して二重三重の防御システムが働き、体を守る機能が備わっています。

まず、最初の防御バリアが皮膚や粘膜で、ここでウイルスや細菌などの外敵の侵入を防いでくれています。

そこを突破した外敵を食べてしまうのが、血液中や組織内に存在している食細胞、または、貧食細胞と呼ばれる特別の任務を持った細胞です。それでも防ぎきれない時は、血液中の抗体(タンパク質)や白血球が登場し、外敵と戦います。

この抗体や白血球が働き外敵をやっつけることを免疫機能といいます。

くしゃみ・鼻水・のどの痛み・せき・発熱などを伴う風邪は、風邪の病原ウイルスや病原細菌などの感染によって起こります。

しかも風邪のウイルスは、50種類もあるといわれ、症状からは、どの病原ウイルスのしわざなのかはほとんど分かりません。

これらの風邪のウイルスや細菌が体に侵入しようとするときの最初のバリアが鼻やのど、気管支などの粘膜です。このとき、健康な粘膜であればかなりの確立で侵入を防ぐことができるのです。

皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあるのが、ビタミンAです。ビタミンAが十分とれていれば風邪をひきにくくなります。

また、風邪をひくとビタミンCの消耗が激しく、抵抗力が落ちるといわれています。ビタミンCには、体に浸入してきたウイルスや細菌などの外敵をやっつけるリンパ球の一種NK(ナチュラルキラー)細胞を増やす働きがあります。

逆に言えば、ビタミンCが不足すると体の抵抗力が落ち、風邪をひきやすくなるということですから、風邪が流行している時は、自衛手段としてビタミンCをたっぷりとり抵抗力を高めることが有効になります。

この記事のカテゴリーは「男女共通の問題」です。
女性、男子に共通する健康問題、健康管理についてまとめています。
関連記事

口臭の原因と予防はこんなふうに

口臭に悩む人は多く、その原因は人によってさまざまですが、原因として考えられることには、大きく分けて3パターンあります。 まずは、空腹の時や起床の時に感じる生理的口臭です。 この口臭は、口の中の細菌の繁...

眼精疲労、視力低下に気をつけましょう。

眼精疲労、視力低下の予防に気をつけましょう。 パソコンのディスプレーを見つめる作業は目に負担をかけすぎ、眼精疲労や視力低下を招きかねません。 目の疲れや痛みそのものを何とかするというよりも、疲れや痛み...

血液をサラサラにするには?

血液,サラサラ,水,補給,老廃物,ミネラル,ウォーター,還元水

血液のドロドロについて:生活習慣の影響?

血液,ドロドロ,生活習慣病

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索