トップ > 生活習慣病と成人病 > 成人病予防について

成人病予防について

成人病とは、主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、働き盛りの成人40歳〜60歳に多い疾病のことです。最近では、生活習慣病と言われるようになっています。

予防医学が進歩し、さまざまな病気の原因・危険因子が解明されつつあります。生活習慣病の多くは予防可能になっているそうです。糖尿病、高血圧、高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)、通風、肺気腫、歯周病、アルコール性肝疾患などが、悪い生活習慣によって引き起こされることもわかっています。

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といったライフスタイルの改善から始まります。これまでのように病気を発見してから治すのではなく、日頃から自覚をもって、生活を改善していくことが重要になります。また、定期的に検診を受けることも大事です。

具体的な予防対策として、食生活では塩分や糖分の取りすぎに注意した食事にします。また運動不足は血液の循環を悪くし、肥満や動脈硬化の原因になるので適度な運動もしましょう。規則正しい生活のリズムが健康生活の第一歩になります。


成人病は加齢によって発病すると考えられたために「成人病」と呼ばれるようになりました。特に脳卒中、がん、心臓病は3大成人病とされ、早期発見、早期治療の体制が進められていましたが、近年では生活習慣が成人病の原因の一つになるということで予防も進められてます。

さて、生活習慣病の多くは予防することが可能になっています。これは病気の予防に対する医学が発達したため可能になりました。生活習慣病には、3大成人病の他に糖尿病、高血圧、高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)なども含まれ、これらも日々の生活習慣と深くかかわっています。

生活習慣病を予防するには、どうしたらよいのでしょう?日頃から不調な部分はないか、体型や体重、血圧などに変化はないかを把握し、また食生活も栄養が偏らないように改善していくといいでしょう。自分でチェックできないことは病院で検診しましょう。

生活習慣の改善ポイントは、食生活では、一日30食品を目標に食事し、塩分、糖分、脂肪分を取りすぎないようにします。運動不足にならないようにウォーキングなどするのも効果があります。過労、ストレスの蓄積も良くないのでしっかりと休養をとるのも大事です。

この記事のカテゴリーは「生活習慣病と成人病」です。
メタボリックシンドロームもすっかり定着した言葉になってしましました。生活習慣病、成人病に関する情報をまとめています。
関連記事

心臓病の予防に血圧チェックを

心臓病の予防に血圧チェックを行いましょう。 心臓病を予防するためには、毎日の血圧チェックが大切です。正確な血圧を把握するためには、毎日の一定した時間帯に測定することがいいとされています。 また、脳卒中...

成人病予防について

成人病,予防

生活習慣病と成人病

生活習慣病,成人病

中性脂肪と内臓脂肪、コレステロールを考える

中性脂肪,内臓脂肪,コレステロール

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索