トップ > 生活習慣病と成人病 > 心臓病の予防に血圧チェックを

心臓病の予防に血圧チェックを

心臓病の予防に血圧チェックを行いましょう。

心臓病を予防するためには、毎日の血圧チェックが大切です。正確な血圧を把握するためには、毎日の一定した時間帯に測定することがいいとされています。

また、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、などの心臓や脳の病は、朝夕の6時頃や午前中に発症することが多くあります。

このため、毎日の朝の時間帯に血圧をチェックすることが、重要になってきます。

朝は、自律神経が高まるために、血圧が高くなります。血圧が高めになる時間に、血圧をチェックすることで、心臓や脳の病気を予測することができます。

早めに血圧の状態を知ることで、その後の処置や対応がスムーズになります。

今では、家庭用の血圧計も一般的になり、手軽に血圧を計測することができるようになりました。

できれば、朝晩の血圧を測定し、記録しておくと、正しい血圧を把握することもでき、生活習慣による血圧の影響も知ることができます。

血圧か高めで心配のある方は、毎朝の血圧をチェックする習慣をつけましょう。


冠動脈疾患とは?

冠動脈疾患とは、心筋梗塞や狭心症のことです。

心臓にある血管、冠動脈が詰まり血液の流れが悪くなり、虚血性疾患といわれる、心筋梗塞や狭心症を発症します。

冠動脈疾患は、生活習慣の変化により増えてきた、生活習慣病のひとつです。

冠動脈疾患の主な原因の一つに、動脈硬化があります。

動脈硬化は、血中の余分なコレステロールが動脈の内壁にたまり、血管が詰まった状態になります。

また、糖尿病などの原因で、血管が萎縮し血液の流れが悪くなることもあります。

冠動脈疾患の治療は、薬物療法やカテーテルとよばれるチューブで血管を拡張する方法やバイパス手術などがあります。

冠動脈疾患は、生活習慣と大きく関係しています。

毎日の食生活を改善して余分なコレステロールやカロリーの摂取を控え、適度な有酸素運動を行うことが大切です。

また、肥満の解消、ストレスのコントロール、禁煙など心臓に負担を掛けないことも重要です。

さらに、糖尿病、高コレステロール血症、高血圧症、高尿酸血症などを予防し、動脈硬化にならないことが大切です。

冠動脈疾患の予防に、日頃の生活習慣、食事内容を見直しましょう。

この記事のカテゴリーは「生活習慣病と成人病」です。
メタボリックシンドロームもすっかり定着した言葉になってしましました。生活習慣病、成人病に関する情報をまとめています。
関連記事

心臓病の予防に血圧チェックを

心臓病の予防に血圧チェックを行いましょう。 心臓病を予防するためには、毎日の血圧チェックが大切です。正確な血圧を把握するためには、毎日の一定した時間帯に測定することがいいとされています。 また、脳卒中...

成人病予防について

成人病,予防

生活習慣病と成人病

生活習慣病,成人病

中性脂肪と内臓脂肪、コレステロールを考える

中性脂肪,内臓脂肪,コレステロール

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索