トップ > 生活習慣病と成人病 > 体脂肪と体重、体脂肪と肥満、そして体脂肪率とは?

体脂肪と体重、体脂肪と肥満、そして体脂肪率とは?

体脂肪と体重、体脂肪と肥満、そして体脂肪率とは?

体重が純粋な体の「重さ」であるのに対し、体脂肪率とは体重に占める「脂肪の割合」のことをいいます。

人間の体は主に水分と筋肉と脂肪でできており、脂肪は生きていくためにある程度は必要な栄養素です。

体重は標準でも体脂肪が高ければ「隠れ肥満」になってしまうので、注意が必要です。

BMI値とは、心臓病、高血圧、糖尿病といった生活習慣病やある種のガンなどに対するその人の危険率(リスク)を決定するかなり正確な指標であることが分かっています。

BMI値計算方法とは、

体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

理想的なBMI値は19.8〜24.2の間になります。

さらに詳しく、体重と体脂肪の関係についてみていきましょう。

理想的なボディーを手に入れたいのならば、「体重」を減らすことよりも「体脂肪」を減らすことが大切なのです。

どうしても体重にばかりが気になりますが、大切なのは、脂肪を減らすことなのです。

体重から脂肪だけを取った重さを「除脂肪体重」といいます。

除脂肪体重には、骨、筋肉、血液など、生命維持のために欠かせないものが含まれています。

短期間で体重を減らした場合、減った重量の、ほとんどが水分で、次に筋肉、骨、血液となります。肝心の脂肪はほとんど減っていないようです。

体重はあくまでもその人の重さを示したものです。
飲んだり食べたりすれば、体重が増えるのは当然なのですね、それが体重です。


肥満にも種類があります〜単純性肥満と症候性肥満とは?

単純性肥満とは?

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れて、過剰なエネルギーが脂肪として体に蓄積した状態が単純性肥満です。

食べすぎや身体活動量の低下など生活習慣の乱れが根本にあって、小児の1〜2割が単純性肥満であるといわれています。加えて小児期から肥満となって、
そのまま成人となれば、高血圧や糖尿病といった、動脈硬化性あるいは代謝性疾患を発症する可能性は、標準的な体型を維持している成人の約60倍も
高くなるといわれています。

肥満の95%がこのタイプとされています。

身体の機能に異常があるわけでも、特定の病気が原因となっているわけでもなく 単純に生活習慣が肥満の原因となっている場合です。


症候性肥満とは?

生活習慣に関わらず、病気や身体機能の異常によって起こる肥満です。

ホルモンの分泌異常や脳の疾患からくる摂食異常、薬の副作用などから起こります。

代謝異常や内分泌疾患の一部でも肥満を来たす。これらを症候性肥満と言います。症候性肥満の例として、以下のようなものがあります。

視床下部性肥満
プラダー・ウィリー症候群
フレーリッヒ症候群
ローレンス・ムーン・ビードル症候群

Cushing症候群では副腎皮質ステロイドの過剰による症状として、中心性肥満を呈します。

甲状腺機能低下症では甲状腺機能の低下によって、脂肪分解が阻害され肥満となります。

カルシウム代謝に関連するホルモンであるPTHに対する細胞の反応異常を示す偽性副甲状腺機能低下症のIa、Ic型や偽性偽性副甲状腺機能低下症では、AHO体型(肥満、低身長、円形顔貌、中手骨・中足骨の短縮など)を特徴とする肥満を示します。

多嚢胞性卵巣症候群の女性は、男性化(多毛、にきび、低声音など)と肥満を示すします

薬物性肥満は薬物の副作用としての肥満のことであり、副腎皮質ステロイド薬などで見られるものが特に有名です。

この記事のカテゴリーは「生活習慣病と成人病」です。
メタボリックシンドロームもすっかり定着した言葉になってしましました。生活習慣病、成人病に関する情報をまとめています。
関連記事

心臓病の予防に血圧チェックを

心臓病の予防に血圧チェックを行いましょう。 心臓病を予防するためには、毎日の血圧チェックが大切です。正確な血圧を把握するためには、毎日の一定した時間帯に測定することがいいとされています。 また、脳卒中...

成人病予防について

成人病,予防

生活習慣病と成人病

生活習慣病,成人病

中性脂肪と内臓脂肪、コレステロールを考える

中性脂肪,内臓脂肪,コレステロール

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索