トップ > 生活習慣病と成人病 > 肥満と生活習慣病との関係は?

肥満と生活習慣病との関係は?

肥満と生活習慣病との関係は?

三大生活習慣病 として「がん」・「心疾患」・「 脳血管疾患」が上げられます 。

肥満を中心として考えたときの生活習慣病はと何でしょうか?

それは、発病、症状など解かりづらい病気なのです。

三大生活習慣病は、死因の先に述べた「がん」 「心疾患」「 脳血管疾患」が上位になっている重要な病気でその手前段階でなりやすい生活習慣病が、高血圧や高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)、糖尿病などの病気です。

自覚症状があまりないだけに、気がつかないうちに症状が進行してしまうこともありますので、よけいにこわいです。

現代の肥満は、肥満症とも呼ばれるほど、いっしゅの病気のように扱われる傾向にあります。

肥満は、糖尿病をはじめ、多くの生活習慣病を発症するリスクを高めます。

WHO( 世界保健機関)でも、「肥満は人類の疫病である」という位置付けになっています。


肥満と関係の深い生活習慣病とは?

糖尿病(インスリン 非 依存型)があります。

肥満している人に糖尿病が多いこと、糖尿病になると肥満になりやすいことは、ともに明らかになっています。

糖尿病は、血中のブドウ糖の濃度が上昇することで様々な合併症を引き起こす病気です。

主な合併症には、視力低下や失明、腎臓の機能低下、動脈硬化、神経障害、足壊疽などがあげられます。


高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)があります。

血中の中性脂肪やコレステロールが増える病気です。

中年以降の半数が高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)と言われるほど多い中高年に多い病気です。

高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)の人は、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの疾患も併発しやすい傾向にあります。


脂肪肝があります。

高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)と同じく非常に多く見られる疾患であり、肝臓に脂肪が過剰に蓄積している状態を指します。

肝炎、肝硬変、肝がんなどにも発展する可能性があります。


高血圧があります。  

糖尿病と同じく、肥満と高血圧も相互に深く関係しています。

正常な体重に減量するだけで改善するといったケースもあり、肥満との関係が深いことが分かっています。

上記に挙げたものに限らず、多くの疾患が何らかの形で肥満によって発症したり悪化したりする可能性を持っているといえます。

まさに、肥満は万病の元のようですね。


生活習慣病は、上に見てきたようにいろいろな合併症を引き起こします。自覚症状が現れにくいだけに、普段からの健康管理、とりわけ肥満にならないような努力が求められますね。

ダイエットやウォーキングなど、食事のカロリーを制限して、適度な運動を習慣化することでこれrはかなり防げるのではないでしょうか?

いつまでも肥満や生活習慣病とは無縁の健康ですこやから毎日を送りましょう。

この記事のカテゴリーは「生活習慣病と成人病」です。
メタボリックシンドロームもすっかり定着した言葉になってしましました。生活習慣病、成人病に関する情報をまとめています。
関連記事

心臓病の予防に血圧チェックを

心臓病の予防に血圧チェックを行いましょう。 心臓病を予防するためには、毎日の血圧チェックが大切です。正確な血圧を把握するためには、毎日の一定した時間帯に測定することがいいとされています。 また、脳卒中...

成人病予防について

成人病,予防

生活習慣病と成人病

生活習慣病,成人病

中性脂肪と内臓脂肪、コレステロールを考える

中性脂肪,内臓脂肪,コレステロール

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索