トップ > 健康増進法 > アンチエイジングには複式呼吸を

アンチエイジングには複式呼吸を

アンチエイジングには複式呼吸

呼吸の浅い状態が続くと全身の細胞は酸素不足になり、老化現象のもととなります。酸素を多くとるように心がけましょう。

また、イライラや興奮、不安などで緊張が高まると脈拍は早くなり、血圧が上がります。そして気づかないうちに呼吸が浅くなり、血栓ができやすくなります。精神的ストレスを感じたら、できるだけ早いうちに解消し、心身のバランスを整えるように心がけましょう。

そこでよいのが複式呼吸です。腹式呼吸は自律神経を安定させ、ホルモンバランスを整え、その上免疫系にも効果があるとされています。

複式呼吸の方法は 次のようなことに気をつけて行うと良いでしょう。

・ ゆったりと腰をかける(立ったままでもOKです)
・背筋を伸ばし、息を口からゆっくり吐きつづける。
・体のなかの悪い空気をすべて出し切るイメージでやる。
・約3から5秒程かけて吐き出す。
・このとき吐くことを意識しておなかをへこます。
・そこでいったん息を止め、5秒数えます
・今度は息を鼻からゆっくり十分に吸い込む。
・この時はお腹を膨らます。
・そこでいったん息を止め、5秒数えます

これを3〜5回くり返します。

吸うときも吐くときも、できるだけ細くゆっくり行うのがポイントです。わずかな時間で心身をリラックス、わずかな時間呼吸を整えることによって、イライラや興奮したときに活動する交感神経が鎮まります。

そして、代わりに緊張をゆるめる副交感神経の働きが活発になり、自律神経のバランスがよくなり、心身ともにリラックスしてきます。たっぷり送り込まれた酸素が全身に運ばれるため、リフレッシュ効果で細胞も若返るのです。

自分でも気づかないうちに、ストレスはたまっているものです。精神的不安定の解消や自律神経の正常化(眠れない人にお勧めです)また冷え性など血行が悪いひとにもこの呼吸方法はいいですよ。 仕事中や通勤電車の中で、いつでもどこでもできる腹式呼吸は、ぜひ身につけたい健康法ですね。

この記事のカテゴリーは「健康増進法」です。
健康のもと、健康管理の基礎は体力増強など健康増進にあります。健康増進に関する情報をまとめています。
関連記事

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまい...

健康は足から衰えます

健康は足から衰えますから、鍛えましょう! 体の中で、一番早く老化が進むところは足です。日頃から足をよく動かし、足の筋肉を使い続ける事で、足の衰えをカバーすることが大切です。あまり足を使わないでいると、...

にんにく注射でバテや披露回復を

にんにくといえばスタミナの代名詞みたいな存在です。夏バテとか疲労回復にはにんにくパワーーというイメージはごくふつうですよね?さて、このにんにくのパワー、効果に期待するものとしてにんにく注射があります。...

代替医療が注目されています〜漢方やマクロビオティックなど

代替医療も注目されています〜漢方やマクロビオティックなど 代替医学・医療とは、わたしたちにはふだんあまりなじみの少ない言葉です。 また、その定義についてもいろいろ議論されていますが、日本補完代替医療学...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索