トップ > 健康増進法 > 正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまいます。
そのために肩がこりやすく、ひざも十分に伸びきらないので、腰痛や神経痛の原因になります。

また、かかとで着地せず、つま先だけで歩く人は、ひざが曲がったままで着地しがちです、そうなると歩くたびに体が上下してしまい、ひざへの負担が大きく、足全体にぜい肉がついてしまいます。それから、つま先を使わずにすり足で歩く人は、アキレス腱が十分に伸びず、足の筋肉全体を使っていないので、血液の循環が悪くなります。冷え性の人に多いようです。

このように、間違った歩き方を続けていると健康面でもよくありません。
正しい歩き方を身に付ければ、体のゆがみが改善され、足やせの効果も期待できます。正しい歩き方の基本は、正しい姿勢を保ちながら、足全体の筋肉をバランスよく使います。足の甲を伸ばしてまっすぐに足を運び、両足の付け根とひざの裏をよく伸ばします。前に出した足は、かかとから着地します。
かかと、土踏まず、つま先の順に移動し、左右の手は、前後に振ります。

ひざが伸びていれば自然にかかとから着地するようになります。
かかとから着地したら、足の裏を丸太を転がすような気持ちでつま先に重心を移動します。つま先にしっかり重心を移動すると、その反発力で腰が前方へ押し出されます。この歩き方を意識していれば、歩幅も広くなり、姿勢もよくなっていきます。

この記事のカテゴリーは「健康増進法」です。
健康のもと、健康管理の基礎は体力増強など健康増進にあります。健康増進に関する情報をまとめています。
関連記事

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまい...

健康は足から衰えます

健康は足から衰えますから、鍛えましょう! 体の中で、一番早く老化が進むところは足です。日頃から足をよく動かし、足の筋肉を使い続ける事で、足の衰えをカバーすることが大切です。あまり足を使わないでいると、...

にんにく注射でバテや披露回復を

にんにくといえばスタミナの代名詞みたいな存在です。夏バテとか疲労回復にはにんにくパワーーというイメージはごくふつうですよね?さて、このにんにくのパワー、効果に期待するものとしてにんにく注射があります。...

代替医療が注目されています〜漢方やマクロビオティックなど

代替医療も注目されています〜漢方やマクロビオティックなど 代替医学・医療とは、わたしたちにはふだんあまりなじみの少ない言葉です。 また、その定義についてもいろいろ議論されていますが、日本補完代替医療学...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索