トップ > 健康増進法 > 健康管理と真剣に取り組むのなら、禁煙を!

健康管理と真剣に取り組むのなら、禁煙を!

健康管理と真剣に取り組むのなら、禁煙を!

最近は喫煙者の肩身がずいぶんと狭くなりました。

タバコ代は上がるし、この際、「禁煙」に取り組もう、と何回目かの決心をされている方も増えていることでしょう。

健康管理を考える際、まず第一に実践すべきことが「禁煙」です。

喫煙による健康被害というと、ほとんどの人は“肺ガン”を思い浮かべるかもしれません。

実際問題として、喫煙者は非喫煙者に比べ、2〜4倍も肺ガンになる危険性が高いといわれます。

しかし、喫煙がもたらす健康被害は、肺ガンにとどまらず、喫煙は喉頭ガン、食道ガン、膀胱ガンにかかる可能性も増大させるといいます。

さらに、喫煙はガンだけではなく、心筋梗塞のリスクも高めることがわかっています。

また、タバコは健康維持に欠かすことのできないビタミンCを大量に破壊します。タバコ1本で、25ミリグラムものビタミンCが破壊されてしまい、これは一日の所要量の4分の1に相当します。

こういったことから、現在世界的に、禁煙運動が盛り上がりを見せています。

ところで、禁煙によって守られるのは、タバコを吸う本人の健康だけではありません。タバコの先からは、“副流煙”と呼ばれる煙が立ち上っていますが、この副流煙の受動喫煙による健康被害は非常に大きいといわれています。

そして、最も副流煙の被害に遭いやすいのが、同居している家族。副流煙は、タバコを吸う人が吸い込む煙(主流煙といいます)とは成分が異なり、主流煙よりもずっと多くの発ガン物質(数倍から数十倍)を含んでいます。


しかも、副流煙を吸い込むのが小さな子供であれば、健康に与える害はより深刻なものとなるでしょう。さらに、タバコの煙は、子供の脳の正常な発育を阻害するとも言われています。

よって、禁煙を行なうことにより、タバコを吸う本人の健康が守られるのはもちろんですが、同時に家族の健康も守られるということになります。


禁煙に向けての環境変化

健康に対する国民の意識の高まりによって、現在様々なところで禁煙に向けての取り組みが進められています。

鉄道においては、JR・私鉄とも、普通列車はほぼ全車両が禁煙となっており、新幹線や特急などでも、禁煙車の割合が増加してきています。

タクシーにおいては、「禁煙タクシー」が登場しています。ただし、禁煙タクシーの場合、客が喫煙の意思表示をした際、なかなか断わりにくく、客が喫煙を行なってしまった後は、タバコ臭や健康によくない物質が残ることから、実際完全な「禁煙タクシー」にはなっていない――との声も上がっています。

航空機においては、現在は全日空と日本航空が国内便・国際便ともに全席禁煙としています。

学校や官公庁、病院などの公共施設では、禁煙・分煙に向けての取り組みが進められています。

また、主要な道路を歩行喫煙禁止にする条例も、千代田区をはじめ多くの自治体で施行されています。

タバコ自体にも「未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます」「たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします」などの健康警告表示が法令によって義務づけられています。

喫煙は百害あって一利なし、です。
嫌われ者で肩身の狭い思いから、思い切って禁煙に取り組み、健康な体を取り戻しましょう。

何かを始めるのに、遅すぎることはないと思います。
禁煙できない言い訳にするのは、やめませんか?

この記事のカテゴリーは「健康増進法」です。
健康のもと、健康管理の基礎は体力増強など健康増進にあります。健康増進に関する情報をまとめています。
関連記事

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまい...

健康は足から衰えます

健康は足から衰えますから、鍛えましょう! 体の中で、一番早く老化が進むところは足です。日頃から足をよく動かし、足の筋肉を使い続ける事で、足の衰えをカバーすることが大切です。あまり足を使わないでいると、...

にんにく注射でバテや披露回復を

にんにくといえばスタミナの代名詞みたいな存在です。夏バテとか疲労回復にはにんにくパワーーというイメージはごくふつうですよね?さて、このにんにくのパワー、効果に期待するものとしてにんにく注射があります。...

代替医療が注目されています〜漢方やマクロビオティックなど

代替医療も注目されています〜漢方やマクロビオティックなど 代替医学・医療とは、わたしたちにはふだんあまりなじみの少ない言葉です。 また、その定義についてもいろいろ議論されていますが、日本補完代替医療学...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索