トップ > 健康増進法 > サプリを選ぶチェックポイントついて

サプリを選ぶチェックポイントついて

サプリを選ぶポイントについて〜チェックポイント

1.天然栄養素でつくられているか?

サプリメントの栄養素が、合成素材によって作られているのか、天然成分を使用されているのかで、栄養素の吸収はまったく異なるといわれています。これは、人間の体は自分自身を守る自己防御本能により合成物を跳ね除ける機能を持っているため、天然栄養素でなけれは受けつけないとみられているからです。

最近の研究では、ビタミンCのような単純な化学式のものの場合は合成でも、天然とあまり変わらない事がわかってきていますが、化学式が複雑なものであるほど違いが大きいといえます。したがって、天然栄養素のサプリメントを選ぶことが望ましいでしょう。

2.低温製造されているか?

意外に知られていないのは、栄養素は熱を加えられることにより破壊されることです。たとえば、ビタミンやミネラルは、55℃から徐々に成分が破壊され始め、100℃で完全というに破壊します。 酵素は、なんと37℃から破壊が始まるといわれています。したがって、高温で製造されたサプリメントは本来の栄養素としての効果は薄れていることになります。低温で製造しているパプリメント製造会社は、カタログなどに明記していますので必ず確認するようにしましょう。

3.全ての成分表示がされているか?

サプリメントは、日常生活に必要不可欠な栄養素を補う食品であるがゆえに、正しく栄養素の内容が記載されていることはとても重要なことです。また、薬との飲み合わせを判断する場合、サプリメントに含まれている全ての成分が表示されていたら、医師や薬剤師に相談することができます。消費者本位でサプリメントを製造しているメーカの商品は、必ず製品情報を公開していますので、商品選びのポイントになります。

4.不要な成分が入っていないか?

サプリメントは、本来必要となる栄養素のみで作られるのが本筋ですが、実際にはそれ以外の成分も含まれています。その一例としては、栄養成分を飲みやすくするために錠剤に固める物質です。これらは、「乳化剤」や「ぞうねん剤」といわれ通常70%〜80%含まれていますが、粗悪品の場合は、ボリュームを増やすため90%以上含まれているといわれています。それ以外にも人工保存料、色素、香料などが入っています。これらは栄養にはまったく関係がないばかりではなく、場合によっては二次的な副作用の原因となる場合があります。健康のため摂るのですから不要な成分ができるだけ入っていない製品を選びましょう。

以上、4つのアプリメント選びのためのチェックポイントを上げましたが、信頼できる情報、お店を日頃から探しておくと良いですね。

さらに、サプリメントのことを詳しく調べたい場合はこちらが便利です。

この記事のカテゴリーは「健康増進法」です。
健康のもと、健康管理の基礎は体力増強など健康増進にあります。健康増進に関する情報をまとめています。
関連記事

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまい...

健康は足から衰えます

健康は足から衰えますから、鍛えましょう! 体の中で、一番早く老化が進むところは足です。日頃から足をよく動かし、足の筋肉を使い続ける事で、足の衰えをカバーすることが大切です。あまり足を使わないでいると、...

にんにく注射でバテや披露回復を

にんにくといえばスタミナの代名詞みたいな存在です。夏バテとか疲労回復にはにんにくパワーーというイメージはごくふつうですよね?さて、このにんにくのパワー、効果に期待するものとしてにんにく注射があります。...

代替医療が注目されています〜漢方やマクロビオティックなど

代替医療も注目されています〜漢方やマクロビオティックなど 代替医学・医療とは、わたしたちにはふだんあまりなじみの少ない言葉です。 また、その定義についてもいろいろ議論されていますが、日本補完代替医療学...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索