トップ > 健康増進法 > 健康増進法〜体のゆがみ、骨盤のゆがみを直しましょう(後半)

健康増進法〜体のゆがみ、骨盤のゆがみを直しましょう(後半)

健康増進法〜体のゆがみ、骨盤のゆがみを直しましょう(後半)
 
健康増進として体のゆがみを防止する方法の後半です。

ムリなく簡単に出来る体操で背骨を支える筋肉を鍛えて体のゆがみを防止するように、ゆっくりとしたリズムでやるのがコツです。

・腹筋 

第1ステップ 
仰向けに寝て膝を曲げる、両腕は胸の前でXに組んで上体を少し起こす肩甲
骨が少し浮く程度でよいです。

おなかの筋肉がブルブルするところで10秒間静止して、元に戻します。
これを10回(初めのうちは5回でもOKです)

    
これであまり疲れずに十分におなかの周りの筋肉が鍛えられます。

第2ステップ

通常の腹筋のように膝を曲げてゆっくり10秒かけ倒していく、頭は床につけないまま ゆっくり上体を起こしおなかの筋肉がブルブルするところで10秒静止してから膝を抱え込むように起き上がります。

これを10回行います。
かなりきついですから、始めは3回ぐらいからでOKですよ。

呼吸に注意を動作をする時は息を吐き、倒れた時と、起き上がった時に息を吸います。

・背筋
床にうつぶせになり手は体に並行に足方向に真直ぐにし、足は両足首をつけます。

上体と両手、両足を同時に上に反らし10秒静止します。
これを10回行います。

・腕立ふせ
急がないでゆくりと深く行います。ゆっくり10回行い、これを2回繰り返して行います。


健康増進のための体のゆがみ防止、「骨盤野ゆがみ」対策です。

骨盤は骨格の土台であり上半身を支えて、大切な内臓を守っている骨で、仙骨と寛骨(腸骨・恥骨・尾骨)から出来ています。

そして骨盤は周りの筋肉によって支えられています。

骨盤がゆがむ原因としては、

1.日常生活で左右のバランスが悪い
  ・荷物を持つ手がいつも同じ
  ・いつも同じほうの歯で噛む
  ・いつも同じ足を組む等

2.筋肉の衰え  
  ・日常の運動不足
  ・加齢による

どうやら私たち自分では気が付かなくてもかなりの体のゆがみがあるようですね。特に骨盤のゆがみは体に多くの変調をもたらしているのです。

骨盤のゆがみによる変調としては、下記のような症状がみえます。

・肩こりや頭痛
・腰痛
・下半身太りや肥満
・むくみや冷え性
・O脚やX脚
・猫背


骨盤のゆがみのチエックしましょう!

1.靴底が左右の減り方に差がないか?
2.うつぶせに寝て左右の肩甲骨の高さが同一か?


骨盤のゆがみを治す簡単体操をしましょう。
 
1.仰向けに寝て両膝を曲げます。
  両手は横に伸ばしても体に沿わせてでもいいです。
 
  両足を垂直になるように上げてそのまま前後左右にブラブラさせます。 
  腰と背中は床から離さないで約1〜2分行います。

2.金魚運動 
  仰向けに寝て、足先を揃えて出来るだけ膝を真っ直ぐ伸ばします。
  
  両手を首の後ろで組み、金魚が泳ぐような格好で胸からしたを
  左右水平に細かく振るわせる約1分間行います。

3.椅子で上体ひねる
  背筋を伸ばして、椅子に浅く掛けて、息を吐きながら右にゆっくり
  とひねります
  
  同じように左も行う両手はおへその辺りにおき、左右20秒ぐらい
  静止します


腰の周りの筋肉をリラックスさせるとともに腰の強化に良いです。
この運動もゆっくりとしたリズムで行うことが大切です。

足を肩幅に開いて立って、腰に手をあて、腰を左からグルグルと10回ぐらい回し、次に右から同じように10回ぐらい回します。

5秒に1回転ぐらいにゆっくりとそして大きな円を描くように回します。

同じ姿勢で今度は8の字を描くように腰をゆっくり回す、左回しで10回、逆に右回しで10回、前から後ろに10回行います。

逆に後ろから前に10回。
この時にかかとが床から離れないように行うことです。
   

・前屈
両足を肩幅に開いて立ち、両手を前に伸ばしながら、上体をゆっくりとイキを吐きながら前屈させて両手の先が床につくようにして3秒ほど静止します。
最初はムリに床につかなくても曲がるところまででよいです、繰り返して行えば出来てきます。

これを5回ほど行いましょう。

以上の運動は単純なエクササイズでいつでもどこでも出来ます
から、思いついたらその場ですぐに実行できますよ。

この記事のカテゴリーは「健康増進法」です。
健康のもと、健康管理の基礎は体力増強など健康増進にあります。健康増進に関する情報をまとめています。
関連記事

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまい...

健康は足から衰えます

健康は足から衰えますから、鍛えましょう! 体の中で、一番早く老化が進むところは足です。日頃から足をよく動かし、足の筋肉を使い続ける事で、足の衰えをカバーすることが大切です。あまり足を使わないでいると、...

にんにく注射でバテや披露回復を

にんにくといえばスタミナの代名詞みたいな存在です。夏バテとか疲労回復にはにんにくパワーーというイメージはごくふつうですよね?さて、このにんにくのパワー、効果に期待するものとしてにんにく注射があります。...

代替医療が注目されています〜漢方やマクロビオティックなど

代替医療も注目されています〜漢方やマクロビオティックなど 代替医学・医療とは、わたしたちにはふだんあまりなじみの少ない言葉です。 また、その定義についてもいろいろ議論されていますが、日本補完代替医療学...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索