トップ > 健康増進法 > ゆる体操とは? ゆる体操をご存知ですか?

ゆる体操とは? ゆる体操をご存知ですか?

ゆる体操とは? ゆる体操をご存知ですか?

体力増進やダイエットにエクササイズやフィットネスを初めても、なかなか長続きはしないものです。

それは、意外と体力を使いつらく疲れが残ったり、継続するのに時間がとれなかったりといろいろ理由はあるものですが、この「ゆる体操」は、ちょっとした時間の合間にツライ思いをせずにできる体操で最近テレビなどで紹介され注目を集めています。

「ゆる体操」とは、運動科学総合研究所所長 高岡英夫氏によって最新のスポーツ科学、医学など取り入れて独自に開発された運動法です。

「ゆる」とは、ゆるゆるの意味で無駄な力を抜き、言葉を使いながらからだをほぐしていく、とても簡単で効果の高い体操なので、「運動が苦手」「疲れるのはイヤ」という人も無理なく続けられるのが大きなメリットです。

基本的には、体をゆするだけの体操ですが、ゆすることのよって背骨付近の筋肉や関節の緊張状態を解消し、全身のこわばりや緊張をほぐしてくれます。また、動作を声に出しながら行うため気持ちをリラックスして行うことができます。

そしてなんと言っても毎日決まった時間に行う必要はなく、自分の好きな時間に、または好きな日に行えばいいんです。 これなら、続けられそうですね。


ゆる体操のやり方です

準備体操は必要ありません。また、体操の時間も決まってはいません。自分で気持ちがいいと思うところまでやればいいのです。また、全部に共通した重要ポイントは声を出して行うことです。

1.手首プラプラ体操
肩こり・目の疲れに効果があります。手の平 手の甲を「気持ちよく」と言いながら優しくさする。そして、だんだん カラダも揺らしてさする。

2.肩こりギュードサー体操
左肩の力を抜いて 少し下げ 右手で左肩をさする。「気持ちよく」と言いながら 自然にカラダを揺らす。「ギュー」と言いながら 息を吸って 肩を上げ 腕を上に丸める。「ドサー」と言いながら息を吐き 肩をおろし 腕を前に似投げ出す。

3.足ネバネバ歩き運動
肩こり・冷え性・足のだるさ解消に効果があります全身の力を抜き腕を振りながら その場歩き、・つま先を床につけたまま「ネバネバ」と言いながら足踏み。

4.魚クネクネ運動
ダイエットに効果があります。体の力を抜き 魚になった気持ちで「クネクネ」と言いながら カラダをくねらせる。手を脱力したまま 頭上に上げ 一緒にゆらゆら動かす。

5.坐骨モゾモゾ運動
腰痛・足のだるさに効果があります。椅子に浅めに座って「モゾモゾ」と言いながら、 坐骨を椅子に擦り付けるように体を左右に揺らす。坐骨は尾てい骨とは違います。坐骨は2箇所あります。

6.腕支え腰モゾモゾ運動
内臓・便秘に効果があります。腕を自然に伸ばし 体重の半分を椅子の背もたれに腰から下の力を抜いて「モゾモゾ」と言いながら腰を揺らす。
詳しい体操の仕方は、高岡英夫著「1週間ステップアップ ゆる体操」、「高岡英夫のDVDでゆる体操」などをご参考にどうぞ。

この記事のカテゴリーは「健康増進法」です。
健康のもと、健康管理の基礎は体力増強など健康増進にあります。健康増進に関する情報をまとめています。
関連記事

正しい歩き方で健康維持を!

正しい歩き方で健康維持をいたしましょう。間違った歩き方を続けることで、片頭痛や肩こり、腰痛、便秘など、さまざまな体のトラブルの原因にもなります。例えば、猫背の人は、歩いている時にあごが突き出してしまい...

健康は足から衰えます

健康は足から衰えますから、鍛えましょう! 体の中で、一番早く老化が進むところは足です。日頃から足をよく動かし、足の筋肉を使い続ける事で、足の衰えをカバーすることが大切です。あまり足を使わないでいると、...

にんにく注射でバテや披露回復を

にんにくといえばスタミナの代名詞みたいな存在です。夏バテとか疲労回復にはにんにくパワーーというイメージはごくふつうですよね?さて、このにんにくのパワー、効果に期待するものとしてにんにく注射があります。...

代替医療が注目されています〜漢方やマクロビオティックなど

代替医療も注目されています〜漢方やマクロビオティックなど 代替医学・医療とは、わたしたちにはふだんあまりなじみの少ない言葉です。 また、その定義についてもいろいろ議論されていますが、日本補完代替医療学...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索