トップ > 食品・食事と健康 > 沖縄の長寿の素

沖縄の長寿の素

沖縄の長寿の素は、沖縄料理にあると言われています。戦後最大の沖縄ブームの立役者の一つとして注目されたのが、この沖縄料理です。ゴヤーチャンプルー等の沖縄料理がつくりだす長寿の秘訣を散策してみましょう。
沖縄の長寿をささえる食文化は、江戸時代以前からアジア貿易の要として栄えた琉球王朝の王朝料理がその基本形です。偏西風と北斗七星を頼りに全アジア貿易の拠点としてその王朝はアジアを集約しました。そこで産まれた文化がチャンプルー文化です。記録では、北方の昆布を明朝へ献上した事からも勢力の大きさがうかがえます。
数ある沖縄の長寿料理野中で最も重要なポジションがチャンプルーですが、バリエーションは圧巻です。大人気のゴーヤーチャンプル、麩と卵のチンプル、ソーメン炒め、ヘチマ味噌煮込み風、等 なのに調理法はほとんど同じといいますから驚きです。地産地消で亜熱帯の気候に対応した肉体を生み出します。
このほか、沖縄の長寿料理の特徴として、豆腐料理が多い、海藻類を良く摂る、豚肉料理が多い、大家族で大皿盛りを分け合う、材料は部位ではなく、丸ごと料理に使っている、があります。このことから沖縄では、地元の季節ごとの材料を品数多く調理して大勢で楽しく食事をしている事が伺えます。

沖縄の長寿、その根底はどうも食文化にあるようです。最近の沖縄ブームの傾向の一つで注目されているのが琉球料理です。チャンプルーを代表とする琉球料理が人々の長寿を造り出すといわれていますがその秘密とはなんでしょう。
沖縄の長寿を支えてきた食文化を追いかけてみると、日本が戦国時代と時を同じ頃、アジア貿易でその名を馳せた琉球王朝 その宮廷料理にヒントが見つかりました。櫂を刀になぞらえて 中国、日本、さらに南方貿易の幹としてアジア全域の文化物資を集約した文化それがチャンプルー文化です。外交戦略を基本としてきた琉球にはアジア全土の情報や文化物資が混在したそうです。
独特な琉球王朝の文化の一つが沖縄の長寿料理ですが、貿易対象国の特使、大使を歓待する為にその種類はかなりの品数に上ります。ゴーヤーチャンプルは勿論、豚角煮、エラブー(海蛇)、豆腐蓉等(豆腐の泡盛漬け)等、調理法はほとんどが簡単です。季節の食材を活用して亜熱帯の気候に対応出来る力を生み出します。
沖縄の長寿料理の特徴に、お豆腐が良く使われている事(植物性蛋白)、昆布類を良く摂る(繊維・ミネラル)、地豚を多用する(動物蛋白・アミノ酸)、が挙げられ、それを大勢で多品目、しかも素材は丸ごとを料理に、が基本。一言で言いますと、バランスの取れた料理を多種用意して楽しく大勢でいただく事が長寿の秘訣のようです。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索