トップ > 食品・食事と健康 > ねばねば食品の力とは?

ねばねば食品の力とは?

おくら、納豆、メカブ、もずくなど、ねばねばした食品がよさそうだと言う話を
聞いたことはありますね?

コンビニの弁当で揚げ物入りについて、若い女性のカロリーやコレストロールを気にして
売れなくなっているとの新聞記事がありました。

コンビにの商品も健康に配慮した食品を見かけました。

セブンイレブンでは、ねばねば食品を組み合わせた製品「メカブ・とろろ」が価額200円です。

スライスしたやまいもの上にメカブコンブとつゆがのっているものです。

購入しましたが、それぞれを混ぜ合わせて食べた時の歯ざわりもよくて、美味しいものでした。

若者の利用の多いコンビニでも健康に配慮した製品が販売されるということは、健康への関心が
若い人の間にも広まってきた証拠で、喜ばしいことですね。

メカブコンブには、

メカブコンブの表面には海藻独特のヌルヌルがあり、この成分は硫酸化多糖類の食物繊維
フコースと呼ばれる糖に硫酸基が配合し、さらにそれらが数多く連結したものが「フコイダン」です。
 
フコイダンは海藻の葉にある粘膜管から分泌され、葉や茎が潮の流れや砂などに傷つけられた時に、
細菌が侵入しないよう予防し、更に引き潮の時に、海藻は大気にさらされ乾燥しますが、
フコイダンはこの乾燥も防ぎ、ヌルヌルは天然の潤い成分です。

このフコイダンは自然治癒力(免疫力)を高める働きがあることが分かってきました。

成人病予防効果やアレルギー改善等があり、健康食品などに加工され注目が集まっています。

やまいもには、

1.やまいものムチンは糖質をゆっくりと吸収して食後の血糖値の急激な上昇を防ぎ増す働きが
あります。 

また、たんぱく質は効率よく吸収するので体力がつきスタミナもアップするのです。

2.やまいもに含まれるカリウムは、余分な塩分を排出(デットクス)
させ、高血圧を予防する効果があります。

3.やまいもには多くの食物繊維があり、腸内環境を整えて便秘を解消
して大腸がんを予防します。

4.消化酵素のアミラーゼとカタラーゼは消化を助けて疲れた胃を元気
にし 栄養の吸収を助けます。

健康によいねばねば食品をこのように組み合わせて摂るとより効果が高くなりますね。

組み合わせとしてはこの他にも

・納豆とやまいも
・納豆とオクラ
・やまいもとおくら
・納豆とモロヘイヤ

等々ねばねば食品の組み合わせはどの組み合わせもよさそうですよ。
そうそう、モズクも忘れてはいけない食品でしたね。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索