トップ > 食品・食事と健康 > ミネラルの補給とサプリメント

ミネラルの補給とサプリメント

「ミネラル」の補給には?

ミネラルウォーターなどで用いられる「ミネラル」、どうしても日常の食事が偏ると不足しがちです。

食事にいくら気をつけていても、不足してしまうのが「ミネラル」なのです。
ミネラル補給が簡単にいかないのは、ミネラルが体に吸収されにくいことも大きな原因のひとつにあります。

例えばカルシウムの場合、吸収率は牛乳で約50%、小魚で約30%、ほうれん草ではたったの10%です。鉄の場合でも、吸収がよいとされる牛肉のレバーでさえ約20%とかなり少ないのです。

加工食品が多い現代の食事の中では、摂っているようで、摂ることができていないミネラルです。
効率よくミネラルを摂る方法は、「吸収率アップ」がカギを握っているといえそうです。


サプリメントを上手に利用しましょう

ミネラルを補給しにくい現代ですから、もはや食事だけでは難しいのなら、サプリメントを利用するのもひとつの方法です。

サプリメントのなかには、あらかじめ数種類のミネラルがバランスよく入っているものや、ミネラルの吸収率をアップするものを加えたものが市販されているので便利ですね。

ただし手軽に補給が可能な分、摂り過ぎには注意しながら、うまく利用したいものです。

カロリーはオーバーしがちなのに、なぜか不足してしまうのがミネラルです。
もしかしたら、ミネラル不足は深刻な現代病かもしれません。

原因は、土にある?

一般的に、ペットボトルのミネラルウォーターは外国産の方がミネラル分が多いということはご存知でしょうか?

そもそも私たちが住む日本の土壌は、欧米に比べるとミネラル分がかなり少ないのです。
だから、日本の土地で育つ水や野菜など食べ物のミネラルも少なめになります。

さらに近年は、度重なる化学肥料や農薬の使用によって土のミネラルバランスが崩れています。
このため、食べ物自体に含まれているミネラル量も昔に比べて減少してしまっているということです。
日本の土地は、ミネラルが不足しやすい環境なのです。

ミネラルは忘れられた栄養素!?

現代人のミネラル不足の原因として、見逃せないのが食生活の変化があります。
現代人の食事は昔に比べてミネラルが少なめです。

例えば米、小麦、砂糖…。一般的にどんな食品でも、精製が進むほどミネラルは失われていきます。
より食べやすくおいしいもの、と食品が精製される一方で、含まれるミネラル量は減少してしまっているのです。

日頃の食事やサプリメントからの補給などでまかなうようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索