トップ > 食品・食事と健康 > 玄米とマクロビオティック

玄米とマクロビオティック

玄米が静かなブームです。

玄米は、すべての栄養素がバランスよく含まれている、完全栄養食品といわれます。

そのため、人が必要とする栄養分は、玄米だけで足りるとも言われています。

その中でも、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラル分(カルシウム、カリウム、リン、鉄など)、食物繊維などは、特に多く含まれています。

そのため、玄米食を続けると、・ダイエット効果・便秘の改善・血糖値の正常化・通風の改善・かぜを引かなくなる
など、健康全般が改善するとの、多くの報告が発表されています。

栄養豊富な玄米の食べ方は、玄米ご飯にするのが一般的ですが、それに雑穀を混ぜ五穀米ごはんにする方法もあります。

また、玄米粥にすると、軟らかくなりお腹への負担も軽くなります。

変わったところでは、玄米パンや玄米コーヒーなどもあります。

さらに、発芽玄米にすると玄米の効果がさらに高くなり、食べやすく、美味しく、消化も良くなるといわれます。

白米は、これら玄米の持つ有効な力を、殆どなくしていますので、もったいないのです。

健康のために、玄米を良く噛んでゆっくり食べる習慣を取り戻しましょう。


マクロビオティックとは

マクロビオティックとは、大きな生命術という意味で、健康に長生きする方法のことです。

また、マクロビオティックには、一つのものを丸ごと食べるという考え方がありますが、健康食、自然食、穀菜食というような解釈も多くなってきています。

この意味から、玄米食や菜食を中心とした食事が注目されています。

肉類や乳製品、精製された砂糖などを避け、その土地でその季節に採れた食材、玄米、野菜、豆、海草などを体調に合わせた選び方と調理方法でいただきます。

この方法で、食材の持つ本当の味と、人間が本来持っている生命力を取り戻します。

そして、身心の不調が軽減され、思考がクリアーになり、判断力が鋭くなり、疲れにくくなります。

さらに、マクロビオティックを実践すると、肌が美しくなり、ダイエット効果もあります。

マクロビオティックは、生活習慣病、糖尿病、肥満などの現代病の改善に注目されている、健康法です。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索