トップ > 食品・食事と健康 > 三大栄養素のバランスと健康

三大栄養素のバランスと健康

三大栄養素のバランスと健康について

食事は単に空腹を満たすためだけにあるわけではなく、炭水化物・タンパク質・脂肪といった三大栄養素をバランスよく考えて食品を選ぶことが大切になってきます。

人間が生きていく上で必要とされる栄養素には、三大栄養素として知られる炭水化物・タンパク質・脂肪と、ビタミン、ミネラルの五種類がありますが、これらの栄養素はいずれも重要な役割を持ち、健康な身体を維持していく上で欠かせないものです。

ところが現代の日本では、食事内容の西欧化や、外食産業・コンビニエンスストアの拡大などにより食習慣が大きく変化し、高カロリー食品・高脂肪食品が好まれるようになる一方で、ビタミン・ミネラルが不足するというように、栄養バランスに大きな偏りが生じるようになりました。

最近では、普段の食事だけでは不足しがちなビタミン・ミネラルなどを、サプリメントから補う人も増えてきています。

アプリメントについては、別の記事で説明していますので、ご参照下さい。


栄養バランスの乱れと病気との関係

食品の偏ったとり方による栄養バランスの乱れは、様々な病を引き起こす因となります。

現代の食習慣においては、カロリーや脂肪を過剰摂取する一方で、ビタミン・ミネラルが不足する傾向にあるといえるでしょう。

高カロリー食品・高脂肪食品は、それが誘因となって肥満、高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)、さらには虚血性心疾患、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病をを引き起こします。

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)として、このところクローズアップされていますね。

一方、ビタミン・ミネラルは、体機能の調整作用という重要な役割を担っていますが、日常摂取する食品から、これらを十分にとることは難しくなってきています。

ビタミン・ミネラルが不足すると、体全体の代謝機能に乱れが生じ、健康状態も悪化します。

こういったことを防ぐためには、まず食生活の乱れを見直し、栄養バランスのよい食事をとる習慣を身に付けなければなりません。

日本の伝統的な食品と食事は、じつはとてもこの健康面、栄養面で優れているのです。

生活習慣病とは、文字通り日々の習慣、それも食事にかかわることが大きいでしょう。気をつけていきたいものですね。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索