トップ > 食品・食事と健康 > 食品添加物とは?

食品添加物とは?

食品添加物とは何でしょうか?

「食品添加物」とは、食品衛生法第二条においては「添加物とは食品の製造の過程においてまた食品の加工もしくは保存の目的で食品に添加・混和・浸潤そのほかの方法によって使用するもの」と定められています。

現在はおよそ350種類の合成添加物、500種類の天然系添加物の使用が認められています。

食品添加物は、食品の色をよくする着色料、発色剤、漂白剤等、香りをよくする着香料など、味をよくする甘味料、酸味料等、腐りにくくする保存料、酸化防止剤、防かび剤などがそれぞれの目的のために用いられています。

しかし、これらの食品添加物には、発ガン性、催奇形性、その他の毒性を有するものが少なくなく、残留農薬と並んで、食品の安全性を語る上で問題とされています。


食品添加物の問題とは?

食品添加物は、多くの人々が日常的、かつ長期にわたって体内に取り入れるものであるため、その安全性の確認が必要とされます。

食品添加物のうち、合成添加物については、日本では食品衛生法によって、種類、品質、用途などの規制が行なわれています。

天然系の添加物については、かつては規制がありませんでしたが、平成7年に新たに規制対象とされました。

これらの規制に加え、消費者が食品に使用されている添加物を知るため、現在は全包装食品について、食品に使用された合成添加物・天然系添加物の表示が義務づけられるようになりました。

しかし消費者からは、食品添加物の物質名が専門的であるため具体的にどのような害があるのかわかりにくい、輸入食品の表示が不十分であるといった声も多くあがっています。

スーパーでは、有機野菜、無農薬野菜、またインターネットを通じて食品添加物を含まない自然食品なども手にすることができます。

知らず知らずにこうした食品添加物がたまって、思いもよらぬ影響が出ないとは言い切れません。

健康管理の入り口として、口から入る食品については、チェックを厳しくありたいものだと思います。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索