トップ > 食品・食事と健康 > 二日酔いの予防にはどんな対策が効果的か?

二日酔いの予防にはどんな対策が効果的か?

二日酔いの予防にはどんな対策が効果的か?〜ビタミンB・C・E、そしてメチオニンを多く含む「しじみ」など

年末に向かいシーズンともなると、ついついお酒を飲む機会が増えますね。

しかし、加齢とともに内蔵の動きも低下してくるので、肝機能の衰えによって、年とともにお酒に弱くなるのは当たり前なのです。

そうはいっても、お酒好きな人にとって、そのことに気付き自分のお酒の許容量を守るのは、そんなに簡単ではないようですね。

肝臓に悪いとは思いつつ、どうしても飲んでしまう人は、せめて必要なビタミン・ミネラルのサプリメントで肝臓をいたわってあげることが、お酒との上手な付き合い方といえるでしょう。

吐き気や頭痛などの症状を伴った二日酔いは、肝臓でアルコールが分解される過程で発生するアセトアルデヒドという有害物質が原因で引き起こされます。

この有害物質アセトアルデヒドの処理を速める働きがある栄養素としては、「ビタミンC」があります。ですから、お酒を飲む前後に、サプリメントとしてビタミンCを補給しておくと、二日酔い予防に有効なのです。

また、喫煙者は、お酒と一緒にタバコの本数も増える傾向にあるので、喫煙者の場合には、さらにビタミンCをたっぷりとるとよいでしょう。

飲んだ後にフルーツジュースや野菜ジュースなどでフレッシュなビタミンcを摂取すれば最高ですね。


さて、長期間、飲酒を続けていると、肝臓に脂肪がたまる「脂肪肝」になることが知られています。

この脂肪肝を防止する働きがあるのが、ビタミンB群の仲間のコリンやイノシトール、必須アミノ酸のひとつであるメチオニンなどになります。

このメチオニンを多く含む食品は「しじみ」である。お酒を飲んだ時は、しじみの味噌汁などを飲むと肝臓の解毒作用を高めるのに有効です。

最近では、しじみのエキスがサプリメントとしても市販されていますね。

また、お酒を飲むと肝臓の中で過酸化脂質が生成されやすくなります。

過酸化脂質は、細胞を傷つけがんや老化の原因物質となります。この過酸化脂質を無害化する働きがあるのが、「ビタミンE」です。

つまり、これまでのことをまとめますと、二日酔いが厳しくなってきた人は、ビタミンB群、CとE、さらにメチオニンを含んだしじみのエキスなどのサプリメントを日頃からたっぷり取ることが有効であるということです。

まあ、こういうサプリメントやフルーツ・野菜ジュース、はてはしじみ汁に頼らなくて良いよう、お酒を控えることこそ、最大の予防策ではあります。

この記事のカテゴリーは「食品・食事と健康」です。
医食同源と言う言葉があるほどに、食事と健康の関係は深く密接です。健康に良い食事について情報を集めてみました。
関連記事

カレーで脳と目がスッキリ?

カレー,漢方薬,薬膳料理,脳血流,アップ,視覚野

沖縄の長寿の素

長寿,沖縄,健康,食

自然食品、健康食品の選び方と有機JASマークについて

自然食品,健康食品,選び方,有機JASマーク,内臓脂肪

ニンニク・トウガラシ・納豆パワーについて

ニンニク,トウガラシ,納豆,カプサイシン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索