トップ > 花粉症予防と対策 > 花粉症に悩む人の外出時の注意とマスク・眼鏡など

花粉症に悩む人の外出時の注意とマスク・眼鏡など

花粉症で悩んでいる人には、花粉が飛びかう季節、特に花粉飛散のピーク時期にはできれば外出したくないものですが、現実にそうも言っていられません。ですから花粉症の時期の外出にはしっかりと対策をする必要があります。

花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることでほとんど抑えることができます。花粉症対策には眼鏡とマスクが必須アイテムといえるでしょう。

眼鏡は目の粘膜に花粉が付着するのを防ぐことができます。近年、花粉症対策メガネも発売されるようになりました。普段メガネをかけない人やコンタクトレンズを使用している人も花粉症の季節には眼鏡を着用することが望まれます。コンタクトレンズの使用は目のかゆみや炎症を悪化させる恐れがあるからです。

また、肌の露出をさけることは花粉症対策の基本です。髪の毛に花粉を付着させないためには帽子が効果的です。髪の毛は花粉がつきやすい部分の一つで、髪の毛についた花粉は眼や鼻に落ちてきます。長い髪はできるだけまとめて、つばのひろい帽子をかぶるとよいでしょう。

ツルツルした素材のコートをはおることで、花粉が衣類につくのを防ぎます。毛織物やセーターなどの繊維は花粉がつきやすいため避けた方が無難です。さらに花粉ガードスプレーをしておくとより効果があります。

マスクや眼鏡をしていても肌の露出がさけられない顔は、帰宅したらすぐに洗顔をして花粉を落とすことが大切です。化粧はベタベタして余計に花粉が付着します。化粧をする場合には最低限に抑えるようにします。

花粉症対策としてのマスクについてです。

花粉症の季節になるとマスクをかけて外出している人を多く見かけます。マスクは花粉症対策グッズとして欠かすことのできないアイテムの一つです。マスクの役割は花粉やほこりなどの異物が鼻や口から入り込むのを防ぐことです。

花粉症の季節はインフルエンザの流行の時期でもあり、花粉を防ぐと同時にインフルエンザや風邪の予防にもなります。またマスクを装着している本人がクシャミや咳をした時に周囲を不快な気持ちにさせないという役割もあります。

近年、薬局などのマスク売り場では多くの種類のマスクが並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。マスクを選ぶ時に重視するべきことは「花粉が入り込まない構造になっているか」ということです。「○%カット」などと表示してある商品も多くありますが、実際には正面から来る花粉はカット率の通りに防御できても、鼻の上や頬の隙間から花粉が入ってくることが実験などで分かっています。自分の顔の大きさにぴったりと合い、装着したときに隙間ができないマスクであることが何よりも大切です。

また、マスク本体や中のガーゼがこまめに取り替えられるもの衛生的なものが望まれます。一度マスクについた花粉は洗濯しても残るため、使い捨てや鼻口の接触部分が新しいものと取り替えられるものが便利です。

素材はガーゼより不織布の方が目が細かく花粉のカット率が高くなります。最近の傾向として立体構造のものや、衛生的な使い捨てタイプが主流となっています。多層フィルター構造や、繰り返し使える耐久性のあるもの、直接鼻の中に入れるマスク、また保湿ができる濡れマスクといったものまで開発されており、マスクは多様化しているといえます。

最後に、花粉症対策としての眼鏡や洗顔液についてです。

花粉症による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要です。それには眼鏡の着用が有効で、花粉飛散時期の外出には必ず眼鏡を着用し、さらに帰宅したら洗眼、目薬をすることで目のかゆみや炎症を予防することができます。

近年では花粉対策ゴーグルが開発され注目を集めています。それはレンズのサイドにカバーがついたもので、目と眼鏡の隙間から花粉が入るのを完全に防ぐことができるようになっています。近年では眼鏡の上からかけられるタイプやサイドに取り付けるカバー、またおしゃれなものなど様々な種類が出ています。

いつもコンタクトを装着している人は、花粉症の季節だけ使い捨てのタイプを用いるなど、常に清潔な状態を保つようにし、どうしても症状が改善されない場合には花粉の飛散時期だけでも眼鏡と併用することが望まれます。普通の眼鏡を着用することで目に入る花粉の量を約3分の1に減らすことができ、花粉対策用の眼鏡ではさらに約4分の1にまで減らすことができると言われます。

眼鏡をしていてもちょっとした隙に花粉が目に入り込むことがあります。そのときは洗眼して花粉をしっかり洗い流します。花粉専用の洗眼液も市販されており、目のかゆみや炎症を抑える効果があります。しかし洗眼液や付属の洗眼カップは不潔になりやく眼病の原因になることも少なくありません。十分注意して取り扱うことが大切です。洗眼液がなくても水道のきれいな水で洗い流すことで十分花粉を落とすことができます。洗眼とメガネの着用は花粉症対策として習慣的に行いたいものです。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。
花粉症は毎年悩まされるものです。花粉症の予防と対策について調べまとめてみました。
関連記事

花粉症対策としてのハーブやアロマの癒し効果など

花粉症対策としてのハーブやアロマの癒し効果など 花粉症対策として、ハーブやアロマの癒し効果があるかもしれません。花粉症対策としてハーブやアロマについてとりあげてみます。いやな思いのする花粉症の時期をハ...

花粉症対策の空気清浄機と掃除機など

花粉症は外出する際にもっとも被害にあいますが、花粉症の季節もピークになりますと、どんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。いったん部屋の中に入ってしまった花粉を取り除くため...

花粉症に悩む人のための掃除、洗濯の心がけと注意など

花粉症に悩む人にとっては、日常の掃除、洗濯も心がけと注意ひとつで、花粉症対策につながります。今回は、花粉症対策としての掃除と洗濯について調べてみました。 花粉症対策の基本は、こまめに掃除をすることにあ...

花粉症に悩む人の外出時の注意とマスク・眼鏡など

花粉症で悩んでいる人には、花粉が飛びかう季節、特に花粉飛散のピーク時期にはできれば外出したくないものですが、現実にそうも言っていられません。ですから花粉症の時期の外出にはしっかりと対策をする必要があり...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索