トップ > 花粉症予防と対策 > 花粉症対策の空気清浄機と掃除機など

花粉症対策の空気清浄機と掃除機など

花粉症は外出する際にもっとも被害にあいますが、花粉症の季節もピークになりますと、どんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。いったん部屋の中に入ってしまった花粉を取り除くためには空気清浄機を利用するのがよい方法ですね。

空気清浄機とは空気中の目に見えない粒子や臭いを除去するための空調家電製品です。かつてはタバコの臭いやペットの臭いを取り除くためのものでしたが、最近では花粉症やアレルギーの増加によって一般家庭での利用が拡がってきました。

花粉症対策として空気清浄機を選ぶときにはフィルターつきであることが重要です。花粉の大きさより細かい目のフィルターである必要があります。

そして、花粉症対策の空気清浄機を探すポイントはフィルターのほかに、適応面積が広いもを選ぶようにしましょう。空気清浄機の働きが広いほど部屋の空気を循環させて多くの花粉を吸収します。自分の部屋の2倍から3倍のものを選ぶとより効果的です。

また空気清浄機を最大限に生かすためには設置する場所も重要です。置き場所によってはその効果が発揮されないことがよくあります。

そこで特に注意したいのは「高さ」です。主に花粉を吸収させたい場合には床に近いところに置きます。花粉は空中で舞い上がった後、床に落ちていくためです。

反対にタバコの煙や臭いを吸収させたいときには少し高い位置に置きます。これはタバコの煙や臭いが上へ行く特性があるためです。

そして吸い込み口と噴出口にはモノを置かないことが基本です。人に気流が直接当たらず、運転音が気にならない位置、またエアコンの気流が直接当たらない位置であることも大切です。

空気清浄機は窓を開けられない花粉症の季節にはとても便利なものです。
上手に活用して十分な効果をあげたいものです。

花粉症対策のための掃除機についてです。掃除機もまた花粉症対策には欠かせないものです。布団やカーペット、カーテンなどについた花粉は掃除機で取り除きます。掃除機は吸い込んだ花粉やホコリを排気とともに室内へ放出するという難点がありましたが、近年開発された掃除機の中には排気が出ないタイプや空気を浄化する機能がついたものまであります。

また普通の掃除機に取り付けられる花粉専用のアタッチメントや、排気を室内で放出しないために掃除機本体をベランダにおいて利用することができる延長ホースもあります。

洗濯物や布団が外に干せない花粉飛散時期には、乾燥機付き洗濯機は便利です。布団には布団乾燥機があると活躍します。ダニ退治効果や少量の洗濯物なら乾かせるBOXがついているものもあります。

他にも便利な花粉症対策の家電は多くあり、今もなお各メーカーが競って開発しています。便利な家電を上手に利用して花粉症の季節を快適に過ごしたいものです。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。
花粉症は毎年悩まされるものです。花粉症の予防と対策について調べまとめてみました。
関連記事

花粉症対策としてのハーブやアロマの癒し効果など

花粉症対策としてのハーブやアロマの癒し効果など 花粉症対策として、ハーブやアロマの癒し効果があるかもしれません。花粉症対策としてハーブやアロマについてとりあげてみます。いやな思いのする花粉症の時期をハ...

花粉症対策の空気清浄機と掃除機など

花粉症は外出する際にもっとも被害にあいますが、花粉症の季節もピークになりますと、どんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで花粉が侵入してしまいます。いったん部屋の中に入ってしまった花粉を取り除くため...

花粉症に悩む人のための掃除、洗濯の心がけと注意など

花粉症に悩む人にとっては、日常の掃除、洗濯も心がけと注意ひとつで、花粉症対策につながります。今回は、花粉症対策としての掃除と洗濯について調べてみました。 花粉症対策の基本は、こまめに掃除をすることにあ...

花粉症に悩む人の外出時の注意とマスク・眼鏡など

花粉症で悩んでいる人には、花粉が飛びかう季節、特に花粉飛散のピーク時期にはできれば外出したくないものですが、現実にそうも言っていられません。ですから花粉症の時期の外出にはしっかりと対策をする必要があり...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索