トップ > メタボリックシンドローム > メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群) について

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群) について

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群) 

厚生労働省が公表したレポートによって、「メタボリックシンドローム」はまたたく間に広まりましたね。

調査結果によると、40歳から74歳の男性では2人に1人、女性では5人に1人が、生活習慣病と深い因果関係のある「メタボリックシンドローム」の該当者か予備軍であるといいます。

メタボリックシンドロームとは、体に溜まった余分な内臓脂肪が原因となって、高血圧や糖尿病、高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)などの生活習慣病を起こしやすくなる状態のことです。
そして、その状態を放置すると、心筋梗塞や脳梗塞などが発症する可能性が高まります。

メタボリックシンドロームの判定基準は、

・ウエストサイズ 男性‥85cm以上 女性‥90cm以上で

・血圧 最高が130mmHg以上 かつ/または 最低が85mmHg以上

・空腹時血糖 110mg/dl以上

・中性脂肪&コレステロール値 中性脂肪 150mg/dl以上
 かつ/または HDLコレステロール値 40mg/dl未満

上記3項目のうち、いずれか2項目以上該当する方は、メタボリックシンドロームの疑いが強いと考えられます。

この生活習慣病の原因となるメタボリックシンドロームを予防し改善するには、「ダイエット」が大切です。つまり、余分な内臓脂肪を解消することが健康につながります。

こう考えてみると、ダイエットは、ただ単に美容や見かけのためだけでなく、私たちの健康維持に深く関係していると言えるのではないでしょうか?

この記事のカテゴリーは「メタボリックシンドローム」です。
メタボリックシンドローム、メタボリック症候群が最近にわかにささやかれるようになりました。生活習慣病、成人病にもつながるメタボリックについて情報をまとめています。
関連記事

中性脂肪をEPAとDHAで下げるメタボリック予防

中性脂肪,EPA,DHA,下げる,メタボリックシンドローム,症候群,予防

メタボリック症候群の予防にはノンオイルマヨネーズ

メタボリック症候群,予防,ノンオイル,マヨネーズ,オイレン酸,オリーブオイル

メタボリック予防に体脂肪・中性脂肪を落としましょう

メタボリックシンドローム,メタボリック症候群,予防,体脂肪,中性脂肪,基礎代謝

中性脂肪とその予防を!

メタボリックシンドローム,メタボリック症候群,杜仲茶,中性脂肪,カプサイシン,唐辛子

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索