トップ > 癌(がん)について > すい臓がんが男女を問わず増加しています

すい臓がんが男女を問わず増加しています

男女を問わず増加するすい臓がんについて

すい臓がんは特有の症状がなく発見が難しい?

すい臓は、体の奥の深く、胃の裏側にある長さ15センチ、幅3センチ、厚さ2センチ程度の横に細長い臓器です。すい臓のはたらきは大きく2つに分けられます。

一つは、外分泌機能です。アミラーゼなどの大切な消化酵素を大量に含んだすい液を一日に約二リットル送り出します。これらの酵素によって食物が分解、吸収されて栄養となり、私たちが生きていくためのエネルギー源となります。

もう一つのはたらきは、内分泌機能です。これは糖尿病と密接な関係にあるインスリンなどの血糖を調整するホルモンを分泌するはたらきです。

すい臓は、目立たない臓器ですが、大変重要なはたらきをもっています。

すい臓がんは、男女を問わず、最近かなり増えています。最近のがん死亡率のデータをみても、胃がんや子宮がんは減少しているのに対し、膵臓がんの死亡率は増加の一途をたどっています。

すい臓がんは、すい臓が体の奥深くにあるため、検査がしにくく、また特有の症状が現れにくいため、早期発見が難しく、治療が難しいがんの一つとなっています。

すい臓がんの増加の原因は、はっきりとわかっていませんが、食生活の欧米化が関係していると考えられています。

すい臓がんの症状は、がんのできている部位によって違いますが、共通しているのは、上腹部のみぞおちのあたりが痛むことです。ほかにも、食欲不振やだるさ、体重の減少などがありますが、いずれもすい臓がん特有の症状ではないため、見過ごしてしまいがちです。

十二指腸に近いすい臓の部分をすい頭部といいますが、この部分にがんができると、まず、みぞおちのあたりの上腹部が痛みます。また食欲がないとか、黄疸(だん)があらわれることもあります。

ある程度進行すると、はっきり黄疸が出たり、腹痛も強くなり、背中や腰に痛みが走り、体重の減少もみられるようになります。これはすい頭部のがんがすい管をふさぐため、すい液を出そうとして圧力が高くなり腹痛を起こすことと、すい液が出ないことからに消化不良を起こし、やせるのです。

黄疸が出るのは、がんが胆管をふさいでしまい、胆汁が十二指腸に流れないため、血液に胆汁の中の成分が逆流するためです。すい臓の尾部にがんが発生した場合には、患部が胆管とは離れているので黄疸は出ません。この場合は、食欲不振や腹痛などの症状が出ます。

また、糖尿病との関係についても注意が必要です。糖尿病からすい臓がんになることはありませんが、すい臓がんが糖尿病を併発することはあります。

最近、糖尿病が出てきたという人、あるいは、以前からの糖尿病が、最近急に悪くなってきたという人は、すい臓がんを疑ってみる必要があります。

定期的な健康診断を受け、早期発見がいずれの病気、ガンに対しても有効です。

この記事のカテゴリーは「癌(がん)について」です。
死亡原因の常に上位を占める悪性腫瘍、癌(ガン)についてまとめています。
関連記事

高血糖が胃がん発症のリスクにも?

高血糖,胃がん,発症,リスク,糖尿病

腎臓がんとは?

腎臓癌,がん,ガン

すい臓がんが男女を問わず増加しています

すい臓がん,膵臓癌

胃がんとは?

胃がん,胃癌,ピロリ菌

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索