トップ > タミフル問題 > タミフルの副作用と幻覚、幼児への影響

タミフルの副作用と幻覚、幼児への影響

タミフルの副作用と幻覚、幼児への影響など

タミフル服用により幼児・小児が幻覚を見るなどの異常行動を起こすという副作用が問題になっています。

季節の変わり目で体調を崩しやすい昨今。更にインフルエンザの流行が、この卒業や入学シーズンとも重なり、特に新しい門出を迎える小児にとっては、希望とともに不安が伴う季節。インフルエンザにかかってしまえば、精神面と体力面でのダブルパンチといえます。

タミフルの服用は、アメリカでは13歳以上となっているようだが、日本では、その制限はなく、1歳以上からの服用許可が出ています。

タミフルの製造元であるスイスの製薬会社や日本での販売元である中外製薬は、元々、インフルエンザには、脳炎や脳症を起こす可能性もあるとし、今回発表されたタミフル服用後の死亡者に関して、タミフルが原因であるとは、一概に断言できないとしています。

FDA(米食品医薬品局)のまとめでは、タミフル服用後の異常行動の報告があったのは、2005年8月から2006年7月の間の103件中95件が日本からの報告。世界的な病気の蔓延とともに地球規模での医療技術も進化していますが、欧米人の薬が日本人にとっては強すぎるとよく言われるように、人種によって薬の効果に差があることの原因といわれる代謝能力(チトクロームP450(CYP)という毒物解毒酵素が大きく影響されると言われています)をしっかり考慮した上での国内輸入が今後の課題となってきますね。

しかし、世界的な先進医療技術の導入の遅れで海外でしか処置ができない重病があることも忘れてはならない事実。病とは、人の生命がかかってくる問題だけに、日本の医療業界は、先進医療技術の導入を早めるべき時と慎重になるべき時の見極めを更に磨くべき時なのかもしれません。

この記事のカテゴリーは「タミフル問題」です。
タミフル、インフルエンザ特効薬であるタミフルの問題を取り上げます。
関連記事

タミフル問題のまとめ

タミフル問題を特集してきましたが、ここらでまとめておきます。 タミフルといえば、今や知らない人はいないでしょう。言わずと知れたインフルエンザの治療薬として、そしてその副作用が問題視されて話題に上りっぱ...

タミフルの副作用と幻覚、幼児への影響

タミフル,作用,幻覚,幼児

タミフル服用後の異常行動

タミフル,異常行動,リン酸オセルタミビル,ロシュ

タミフルとインフルエンザ

タミフル,インフルエンザ,特効薬,リレンザ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索