トップ > その他の健康関連話題 > ペットの病気とケアを考える

ペットの病気とケアを考える

ペットのかかる病気とそのケアとを考えてみましょう。

ペットはいまや、愛玩動物ではなく立派な家族の一員として迎えられていますね。

悲しくもなくなった場合のペット火葬や、ペット霊園、遺骨のペンダント化などサービスは
そこまで広まっています。

さて、病気になったとき、わたちたち人間は言葉によって、症状を伝えることができます。

しかし、言葉をしゃべれないペットたちは、体調が悪くても、それを直接飼い主に伝えることは
できません。

ですので、病気の早期発見のため、飼い主の方でペットの健康に気を配ってあげることが
必要になります。

まず注意しなければならないのは、体の変化。鼻が乾く、急にやせる、毛のツヤがなくなる、
悪臭がする、このような変化が出たら要注意です。

また、ペットがいつもと違う行動を取ったときも、何らかの病気にかかっている可能性が
考えられます。

例えば、睡眠時間が異常に長くなる、食欲がなくなる、動きたがらない(散歩をいやがる等)などです。
このような症状に気づいたら、速やかに獣医に相談するようにしてください。

なお、飼い主が気づいてあげられることには限界があるので、ペットの病気予防のためには、
定期的に獣医に診てもらうことも大切です。


「ペットにも押し寄せる生活習慣病のこわさ」

病気は不健康な生活習慣から生じるといいますが、それはペットも同様です。

近年、人間と変わらないような病気(ガン、糖尿病、アトピー、アレルギー、貧血、慢性腎炎、
肥満、等々)にかかるペットが増えているといいます。

これらの病気は多かれ少なかれ、不健康な生活習慣と深い関係があるとされている病気ですが、
ペットがこのような人間と変わらないような病気にかかるようになってきたということは、動物たちの
「生活習慣」が悪化してきていることに他ならないわけです。

ここでいう生活習慣とは、食習慣(高カロリー、高脂肪食、エサのとりすぎ)、運動習慣(運動不足)が
あげられるでしょう。

もちろん、ストレスをため込みやすい生活環境もまた病気の原因となります。

ペットの病気を防ぐためにも、ペットの食事や運動に気を配り、また過度のストレスをため込まないよう、
生活環境を見直してあげてください。

家族同然のかわいいペット、最後までケアしてあげたいものです。

私たちの不健全な生活習慣をそのまま押し付けるのは可愛そうですね。

ペットの身になって、健康面の世話を考えて見ましょう。

この記事のカテゴリーは「その他の健康関連話題」です。
幅ひろい健康関連の話題やニュースを取り上げています。
関連記事

低反発座椅子っていいですよ

低反発座椅子をご存知でしょうか?自宅でのくつろぎタイムに、座椅子を愛用している人も多いことでしょう。低反発素材を使った快適な座椅子が、静かな人気を呼んでいます。座面の部分に低反発フォームを使用すること...

低反発マットレスの寝心地

低反発マットレスの寝心地はどんなものか?また、低反発マットレスの仕組みなどに興味があったので調べて見ました。低反発マットレスとは、その名の通り、低反発ウレタン素材を使用して作られたマットレスです。低反...

ワンデーアキュビューディファインとは?

「ワンデーアキュビューディファイン」は、ワンデーアキュビューを基本として作られた、新しいファッションタイプのコンタクトレンズです。ワンデーアキュビューディファインの「ディファイン」とは、輪郭を明瞭にす...

体内メーカーやってみました?

体内メーカーとは、名前を入力するだけで、体内の状態を文字で表してくれる、言ってみれば、占いというよりどちらかというと、ゲーム感覚で楽しめる遊びです。体内メーカーは、大ブレイクした脳内メーカーや脳内相性...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索