トップ > その他の健康関連話題 > 子供にも押し寄せる生活習慣病?

子供にも押し寄せる生活習慣病?

子供の病気と対処の仕方

子供が病気にかかった場合、子供は成人に比べ、体の発達が未熟であり、
免疫力も十分でないことから、急に発病し、病状の進行も早いという特徴があります。

ですから、子供の健康状態には絶えず親が気を配り、少しでも異常を感じたら、できるだけ早く
病院に連れて行くようにしましょう。また、こまめな検診で病気の早期発見を心がけることも大切です。

定期検診は必ず行き、問題があれば、手遅れになる前にきちんと処置しなければなりません。

ところで、子供の病気予防のために各種予防接種が行なわれていますが、
例えば日本脳炎の予防接種については、呼吸困難に陥るほどの重い中枢神経症状を起こす
事例があり、それを受けて、平成17年厚生労働省から日本脳炎の予防接種を差し控えるよう
勧告が出ました。

こういった最新の医療情報にも常に目を通しておきましょう。


子供も蝕む生活習慣病

病気の中で、糖尿病、高血圧、高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)、心筋梗塞といったものは、大人のがかかるものである、
と考えられてきました。

しかし現代では、これらの病気にかかる子供が増えており、「小児生活習慣病」あるいは表現は
おかしいですが、「小児成人病」などという名前で呼ばれています。

子供がこういった病気にかかる原因は、外食等による摂取カロリーの増大(高カロリー食・高脂肪食
のとりすぎ)や、運動不足などが指摘されています。

また、近年は胃潰瘍などの病気にかかる子供も増えていますが、これは、受験勉強による過度の
ストレスが原因であるといわれています。

子供の胃潰瘍は、傷は深くないものの急速に広がりやすいという特徴があります。

塾通い等、ハードなスケジュールに追いまくられている子供が、急に腹痛を訴えた場合などは、
要注意です。

昔と違って、野原や川遊びをする機会に恵まれていません。

勢い、部屋にこもってゲームに熱中する、携帯電話でメールに夢中になるなど、子供の頃から
不健康に陥りやすい環境が取り巻いています。

まだ、自分自身で判断の付かない年齢の子供を守るのは親の一番の役目です。

この記事のカテゴリーは「その他の健康関連話題」です。
幅ひろい健康関連の話題やニュースを取り上げています。
関連記事

低反発座椅子っていいですよ

低反発座椅子をご存知でしょうか?自宅でのくつろぎタイムに、座椅子を愛用している人も多いことでしょう。低反発素材を使った快適な座椅子が、静かな人気を呼んでいます。座面の部分に低反発フォームを使用すること...

低反発マットレスの寝心地

低反発マットレスの寝心地はどんなものか?また、低反発マットレスの仕組みなどに興味があったので調べて見ました。低反発マットレスとは、その名の通り、低反発ウレタン素材を使用して作られたマットレスです。低反...

ワンデーアキュビューディファインとは?

「ワンデーアキュビューディファイン」は、ワンデーアキュビューを基本として作られた、新しいファッションタイプのコンタクトレンズです。ワンデーアキュビューディファインの「ディファイン」とは、輪郭を明瞭にす...

体内メーカーやってみました?

体内メーカーとは、名前を入力するだけで、体内の状態を文字で表してくれる、言ってみれば、占いというよりどちらかというと、ゲーム感覚で楽しめる遊びです。体内メーカーは、大ブレイクした脳内メーカーや脳内相性...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索