トップ > その他の健康関連話題 > 心不全の新しい治療法とは?

心不全の新しい治療法とは?

心不全の新しい治療法とは?

心臓病は、がん、脳卒中とともに、日本人の三大疾病の一つといわ
れています。

心不全とは、全身に血液を送り出す心臓の機能が低下することを言
います。

心不全の症状は、胸痛、動悸、息切れ、不整脈、めまい、浮腫、呼吸
困難など、様々な症状が現れます。

心不全の原因の多くは、心筋梗塞、拡張型心筋症です。

また最近は、生活習慣の変化により、高脂血症(最新では「脂質異常症」と改称されました)が増え、動脈硬化に
よる心筋梗塞が増加しています。

心不全の治療法として、最近注目を集めているのが、温熱療法です。

心不全の温熱療法は、サウナを利用します。

室温を60度均一の保つ、遠赤外線乾式サウナです。

遠赤外線均等低温サウナに15分間入り、その後毛布に包まり30
分間横になります。

そして、汗で失った水分を補給します。

心不全の治療には、サウナを1日1回使い、2から4週間続けます。

遠赤外線を利用した温熱療法で、全身の血流が増え、血管拡張の働きがある一酸化窒素の分泌が増え、血管機能が促進されます。

今まで心不全の場合、入浴は控えられていましたが、水圧のかからないサウナで、温度と時間を管理することにより、身体に負担をかけない治療法が考え出されました。

身体に負担をかけない、心不全の新しい治療法に期待が集まっています。


野菜不足に「野菜粒」のおすすめ

食生活の欧米化により、野菜不足が問題となっています。

健康維持や病気の予防、必要な栄養分の補給のためにも野菜を充分
に摂ることが大切です。

野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが多く含まれ手います。

野菜が不足すると、栄養のバランスが崩れ、生活習慣病の原因ともなります。

厚生労働省の発表では、成人の野菜摂取の目標量は、1日350g以上です。

また、栄養のバランスを考えると、いろいろな種類の野菜を摂る必要があります。

最近では、野菜不足を補うために、各種の野菜ジュースが多く発売されてきました。

さらに、ジュースよりもっと手軽に野菜を取れる、サプリメントの「野菜粒」が新発売されました。

小林製薬の「野菜粒」は、18種類の野菜を、一粒に凝縮しています。

1日5粒を目安に「野菜粒」を摂取すれば、野菜の不足を補うことができます。

野菜ジュースが飲みにくい人や、生野菜を取れない人には、「野菜粒」で野菜の補給ができます。

「野菜粒」は、野菜不足解消に役立ちそうです。

この記事のカテゴリーは「その他の健康関連話題」です。
幅ひろい健康関連の話題やニュースを取り上げています。
関連記事

低反発座椅子っていいですよ

低反発座椅子をご存知でしょうか?自宅でのくつろぎタイムに、座椅子を愛用している人も多いことでしょう。低反発素材を使った快適な座椅子が、静かな人気を呼んでいます。座面の部分に低反発フォームを使用すること...

低反発マットレスの寝心地

低反発マットレスの寝心地はどんなものか?また、低反発マットレスの仕組みなどに興味があったので調べて見ました。低反発マットレスとは、その名の通り、低反発ウレタン素材を使用して作られたマットレスです。低反...

ワンデーアキュビューディファインとは?

「ワンデーアキュビューディファイン」は、ワンデーアキュビューを基本として作られた、新しいファッションタイプのコンタクトレンズです。ワンデーアキュビューディファインの「ディファイン」とは、輪郭を明瞭にす...

体内メーカーやってみました?

体内メーカーとは、名前を入力するだけで、体内の状態を文字で表してくれる、言ってみれば、占いというよりどちらかというと、ゲーム感覚で楽しめる遊びです。体内メーカーは、大ブレイクした脳内メーカーや脳内相性...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「花粉症予防と対策」です。2008年02月13日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索